道後ハイカラ通りは、道後商店街。











道後ハイカラ通りって、「道後温泉本館が明治時代に建てられ、その門前市的に発達してきた商店街であることから、明治のロマンを感じさせることを活性化の目標としており」ってことなのだそうですな。個人的には「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉(あすかのゆ)」、ここの建物が興味引くベリーマッチ、なんですよね。それ以外にも面白いってか私的に興味深いものが数々ございましたですね、はい。

Screenshot
道後温泉の旅行観光ガイド
道後ハイカラ通り(道後商店街)

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    道後温泉商店街(どうごおんせんしょうてんがい)とは、愛媛県松山市にある商店街。伊予鉄道の路面電車の道後温泉駅前から道後温泉本館にかけてL字型のアーケードがあり、道の両側にはみやげ物店や飲食店など観光客向けの商店が建ち並んでいる。その数約65店舗。店舗の入れ替わりは多少あるものの、空き店舗が非常に少ない商店街で、空き地は全くない(2006年8月現在)。道幅はあまり広くなく、そのためもあって、浴衣姿の観光客が繰り出す夜8時前後には大変にぎわう。道後温泉本館が明治時代に建てられ、その門前市的に発達してきた商店街であることから、明治のロマンを感じさせることを活性化の目標としており、愛称も「道後ハイカラ通り」としている。自称「日本一のおみやげ商店街」。商店主や店員が明治の衣装をまとってパレードを行うイベント等を行っている。また、2006年3月にアーケードを一部リニューアルしたほか、2018年には入口のゲートが大幅に改修された。アーケードの南口は伊予鉄道の市内電車の道後温泉駅前の広場に接し、駅舎や引き込み線に止め置れる坊っちゃん列車は撮影スポットになっている。また、入り口西側には伊予鉄バスの乗り場がある。タクシー乗り場も近くにあり、交通の便がよい。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)