道後温泉本館は、愛媛県松山市の道後温泉の中心にある温泉共同浴場。





国の重要文化財に指定されている道後温泉本館でございますよ。数年前にも訪れておりますが、その時も今回も、入浴は致しておりません。単に外観を見物させて頂くに留まっておりまする。今後、入浴に供させて頂くことは果たしてあるのでござりましょうか。多分ないんだろうなぁと思っておりますのです。自分的にあんまり華やかな場所って好みでないってことと関係あるのかな、ないのかな、どうなんよってなことなのでしょうか、どうなのでしょうか。なんだかよく分かりませんな。ワタクシの大好きな手塚治虫大先生の火の鳥っすが、近鉄といいココといい、どうしたんでしょ。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    道後温泉本館(どうごおんせんほんかん)は、愛媛県松山市の道後温泉の中心にある温泉共同浴場。重要文化財であり道後温泉を象徴する建築物。戦前に建築された歴史ある建物(近代和風建築)で、街のシンボル的存在であり、1994年に国の重要文化財(文化施設)として指定された。共同浴場番付において、東の湯田中温泉大湯と並び西の横綱に番付けされているほか、2009年3月、ミシュランガイド(観光地)日本編において2つ星に選定された。2009年、経済産業省の「近代化産業遺産」に認定。1階に「神の湯」、2階に「霊の湯(たまのゆ)」がある。神の湯男性浴室のみ2か所浴室があるが、女性客の増加に伴い神の湯女性浴室にも2つ目の浴室が設けられる予定。神の湯と霊の湯の違いは使っている石の程度だが、霊の湯の方が人が少ない。また、霊の湯には石鹸が備え付けられている。かつては源泉そのままだったが、現在は愛媛県の条例(2003年10月施行)による指導もあり塩素が加えられている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)