津なぎさまちとセントレアを結ぶ、津ベルライン。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








岡山から片道4時間を費やしての出張用務先はこちらでございまして。打合せが終了してすぐのとんぼ返りでございます。この日は更に岡山に帰着する手前で連絡がありまして、帰社してからも急遽の業務が発生しましたので、大層ハードな一日になってしまいましたよ、トホホ。

Screenshot
津ベルライン
津なぎさまちとセントレアを45分で結ぶ、津ベルライン。中部国際空港と三重県津市のなぎさまちの間を運航する高速船。中部国際空港から伊勢までのベストチョイスルートです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    津エアポートライン株式会社(つエアポートライン)は、三重県津市に本社を置く海運会社である。岡山県岡山市に本社がある両備ホールディングスの100%出資による子会社。三重県津市の津なぎさまちと、愛知県常滑市の中部国際空港を結ぶ定期旅客航路を運航する。2009年(平成21年)から2016年(平成28年)12月19日までは、三重県松阪市の松阪港を結ぶ定期旅客航路も運航していた。三重県中部地域から中部国際空港までの所要時間は、伊勢湾岸を迂回する自動車(高速道路経由)または鉄道(近鉄特急・名鉄ミュースカイ乗り継ぎ)と比較した場合、乗り継ぎ時間を除くと所要時間は約半分となり、直線的に結ぶ海上輸送が時間的に有利となりうる。また、運賃については、鉄道を特別料金が不要の列車だけで空港に向かった場合は鉄道が安くなるが、近鉄の特急列車や伊勢鉄道・JRの快速列車の指定席を使用した場合などは当航路を利用した方が安くなる。自動車利用の場合、同乗者数や空港駐車場での駐車料金にもよるため単純な比較はできないが、高速道路の通行料金などを考慮すると、津なぎさまちターミナルの無料駐車場を利用して当航路を利用することにより、金額的にも有利となりうる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。