ウルトラマンの、福島空港に到着でございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






福島空港の正面にデーンとウルトラマンが。最初、なんでなのか分からなかったんですが、ウルトラマンの生みの親、円谷英二さんの故郷が須賀川市なんですね~。円谷英二さんと言えば、ワタクシの子供の頃にまだ白黒テレビの時代ですが、ウルトラマンシリーズの前身だったウルトラQが忘れられないっすね~。特撮のみならず、所謂ヒーローものでもなく、凄いストーリー性に富んでいてね。凄く質が高かったですね、アレ。ナマイキなクソガキだったワタクシはウルトラマンシリーズも初期のものしか見ておりません。SF小説とか読んでいたマセガキでしたもんね。須賀川市といえば、腐れ縁の友人の出身地でもあります。それはさておき、福島空港と名乗ってはおりますが、福島と言っても茨城に近い県南部ですんでね。 主として会津方面や栃木県北部への玄関口って役割の方が多いっすよね。現にワタクシも今回そっち方面に行くために利用しているんでね。県都の福島市だったら仙台空港使うもんね、岡山からなら。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    福島空港(ふくしまくうこう、英: Fukushima Airport)は、福島県石川郡玉川村と須賀川市にまたがって位置する地方管理空港である。郡山市の南東約20kmにある、須賀川市・石川郡玉山村にまたがる阿武隈山系の丘陵地帯を開削し、1993年(平成5年)に県管理の第三種空港として開港した。その後、平行誘導路の設置、滑走路の延長を経て、2000年(平成12年)に全面供用となっている。現在は、県都の福島市から直接アクセスできる公共交通機関はないが、浜通りのいわき市、県西の会津若松市、郡山市から空港リムジンバスが、離発着便に合わせて運行されている。『ウルトラマン』の生みの親、円谷英二の故郷が須賀川市にあることから、ウルトラシリーズの立像や関連物が、空港施設内外に展示されているほか、人と自然と科学をテーマにした福島空港公園が近隣に整備されており、人々の憩いの場になっている。開港当初の1993年度、30万人弱であった利用者は順調に伸び、過去最高となる1999年度には75万人を超えた。しかし、これ以降減少に転じ、2009年の日本航空撤退、2011年の国際線運休に伴って乗降客は大幅に減り、現在に至る。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。