安積永盛駅は、福島県郡山市笹川三丁目にある、JR東日本の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。










東北本線と水郡線の安積永盛駅でございます。2面3線のいわゆる国鉄型配線の駅でございます。水郡線は正式にはここが終点ですが、全列車が郡山駅まで乗り入れております。古い木造駅舎が残っており、各ホームへは跨線橋で連絡しております。国鉄時代そのまま、といった雰囲気が残る駅でございますね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    安積永盛駅(あさかながもりえき)は、福島県郡山市笹川三丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。東北本線を所属線として、水郡線を加えた2路線が乗り入れる。水郡線は当駅が終点であるが、全列車が東北本線の郡山駅を発着する。単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎側から1番線、2番線と番号が振られている。互いのホームは跨線橋で連絡している。JR東日本東北総合サービスが駅受託を受託する業務委託駅である。構内にはみどりの窓口・Suica対応自動券売機・簡易Suica改札機などがある。水郡線はSuicaサービスエリア外となっている。現在、JR貨物の駅は車扱貨物の臨時取扱駅となっており、貨物列車の発着は無い。貨物設備は無く、専用線も本駅には接続していない。かつては駅から分岐し本線の西側に沿って、駅の南側にある太平洋セメント安積永盛倉庫へ至る専用線があった。そのため、本駅は大越駅(住友大阪セメント田村工場)からセメント輸送列車が到着していたが、1999年(平成11年)6月に廃止された。本駅と郡山駅の間に南郡山駅(仮称)の開業が計画されており、JR東日本と郡山市が新駅設置について協議中である。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ