塔のへつり駅そばの五晃苑で、ソースかつ丼&蕎麦です。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






塔のへつり駅そばの五晃苑さんは、塔のへつり駅前の駐車場とかも管理しているようですな。会津地方のカツ丼ってソースカツ丼なんでね、あちこちにソースカツ丼を謳うお店の看板や幟を見ながらここまで来たので、ランチタイムには頭の中がソースカツ丼になってましたよw 蕎麦がウリのこのお店もご多分に漏れずソースカツ丼と蕎麦のセットメニューをご用意でしたので、迷わずそちらを発注です。あれ?福井でも同じメニュー食べたような?そうでしたね。まあモノは全然違いますが。でも、福島と福井って同じ福が付くってのは偶然?んなの偶然に決まってますけどねw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    塔のへつり(塔の岪、とうのへつり)は、福島県南会津郡下郷町にある景勝地。河食地形の奇形を呈する好例として、国の天然記念物に指定されている。「へつり」とは会津方言で、川に迫った険しい断崖のことである。なお、「へつり」は「岪」(山冠に弗)という漢字表記があり、現地の看板ではこの表記だが、JIS規格のJIS X 0213には含まれるがJIS X 0208には含まれないこともあり、かな表記が標準化している。福島県会津地方の南会津東部を流れる大川が形成する渓谷で、大川羽鳥県立自然公園の一角を占める。1943年(昭和18年)、河食地形の特異例として国の天然記念物に指定されている。一帯は第三系凝灰岩、凝灰角礫岩、頁岩などが互い違いになっており、その軟岩部が長年の歳月による侵食と風化の作用によって形成された柱状の断崖である。一帯は樹木に覆われており、新緑や紅葉の頃は一際美しい。全長200mにわたって、大規模な奇岩が整列している。主なものには屏風岩、烏帽子岩、護摩塔岩、九輪塔岩、櫓塔岩、獅子塔岩、鷲塔岩などがあり、これらの岩を巡るように通路が彫られているが、経年による崩落等のため、吊橋を渡している舞台岩周辺以外は立ち入り禁止となっている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。