大間々駅は、群馬県みどり市大間々町にある、わたらせ渓谷鐵道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








わたらせ渓谷鐵道の中心駅、大間々駅でございます。ここから桐生に至る地区の鉄道路線の入り乱れっぷりに子供の頃から興味津々だったことを覚えております。具体的には、現・わたらせ渓谷鐵道線、上毛電鉄線、東武桐生線、JR両毛線でございます。これらが複雑に入り混じっておりますのでね~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    大間々駅(おおままえき)は、群馬県みどり市大間々町大間々にあるわたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線の駅である。相対式2面2線のホームと、トロッコ列車「わたらせ渓谷号」の専用0番線ホーム1線(頭端式)を有する地上駅。わたらせ渓谷鐵道の中心駅であり、同路線の運行機能を管理するCTCが設置されている。下り間藤方面の列車はすべて1番線から発車する。上り桐生方面の列車に関しては2番線から発車するのが基本だが、当駅始発で1番線から発車する列車がある。構内には本社と車両基地があり、当駅発着の列車と夜間の留置運用が設定されている。トロッコ列車乗車専用ホームにはディーゼル機関車機回し用のポイントがある。当駅では車両の連結・解放が行われる。日中1両を基本とする列車についても、次の日が平日の場合の朝の通勤・通学ラッシュ時に備えて夕方の時間帯に2両編成となる。運行中に行う作業は1両から2両への増結、2両から1両への切り離しとなる。3両への増結は、本線上ではあまり行わない。解放は3両編成の場合でも本線上で2両に減らすこともある。なお、連結・解放の際、安全確保のため一旦エンジンを止めてから作業を行い、完了したときに再度エンジンを入れる。切り離した車両は車庫へ戻すか、桐生行きの折り返しで使用する。休日には9時44分発桐生行き列車に1両増結する作業が見られることがある。混雑する下り列車に対応するために、あらかじめ上りで到着した時点に行われる。わたらせ渓谷鐵道の社員配置駅は当駅と相老駅のみである。指令所があるため社員は終日配置されているが、出札窓口営業時間及び改札時間は7時30分から18時40分までとなっている。自動券売機は始発から終発まで稼動している。出札窓口では東日本旅客鉄道(JR東日本)両毛線内・東武伊勢崎線への連絡乗車券や企画乗車券を取り扱うほか、駅前有料駐車場利用券を扱っている。窓口営業時間外の駐車場利用券販売場所は、駅前にあるローソンである。駅前の駐車場には、わ89-100形101号車とわ89-300形302号車が連結した状態で保存されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。