英彦山花園スロープカーは、ラックアンドピニオン式モノレール。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。
















英彦山スロープカーは、日本最大級のラックアンドピニオン式斜面走行モノレール、というやつですな。国指定重要文化財である銅鳥居付近にある幸駅から旧英彦山小学校の校舎を利用した花駅までの路線と、花駅から参道駅を経て英彦山神宮奉幣殿に近い神駅までの路線、この2路線で構成されていますが、現在は幸駅から花駅までの路線は休止中となっております。拙者は全線が再開するタイミングで来ようと思ってたんですが、なかなか見通しが厳しいようなので今回先んじて訪問しちゃいましたのですよ。なかなかの絶景の中を走行する見どころ多い路線でございますですな。今回みたく弾丸ツアーじゃなくて、ゆっくり訪れる機会があればまた来たいですわ~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    英彦山花園スロープカー(ひこさんかえんスロープカー)は、福岡県田川郡添田町の英彦山にある英彦山神宮奉幣殿にアクセスするために設置されたスロープカーである。2005年(平成17年)10月に開業した。添田町の指定管理者である財団法人英彦山勤労者福祉協会が管理・運営している。国指定重要文化財である銅鳥居から乗換駅となる花駅を経て、英彦山花園の中を進みながら国指定重要文化財である英彦山神宮奉幣殿までの全長849mを走っており、それまで石段の表参道を歩いて1時間以上かかった地点をおよそ15分で結んでいる。スロープカーの開業により、乗客数が開業から約半年で10万人を超えている。スロープカーは嘉穂製作所製のラックアンドピニオン式斜面走行モノレールであり、日本最大級である。花駅は廃校となった英彦山小学校の校舎を利用しており、オープンギャラリー「ひこさん」には一般人の作品、山伏文化財室には修験道時代の資料が展示されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ