中部国際空港が忍者空港になっておりますがなw

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








あちこちに忍者が出没しておりますセントレアのターミナル内でございます。ニンジャとサムライは海外観光客のウケが良いのでございますか。そうなんですか。ホントにそれほどウケてるんですかね。三重県に近い場所はことごとくニンジャで溢れているようなコトになってますけどね、多過ぎて飽きが来まっせ~、と言いたくなりますなw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    中部国際空港(ちゅうぶこくさいくうこう、英: Chubu Centrair International Airport)は、愛知県常滑市にある24時間運用可能な国際空港であり、空港法第4条で法定された拠点空港(会社管理空港)でもある。セントレアの愛称を持つ。愛知県名古屋市の中心部から南へ約35km、知多半島の愛知県常滑市の沖合約1.5kmの伊勢湾海上の人工島に位置し、24時間運用可能な長さ3,500mの滑走路を有する、関西国際空港に次ぐ国内第2の海上国際空港として2005年2月17日に開港した。東京国際空港、成田国際空港、関西国際空港とともに国際航空路線に必要な国際拠点空港としてその航空需要を担うことを国の航空政策上位置づけられている。国際航空運送協会(IATA)より混雑空港として国内の新千歳空港と共にレベル2の指定を受けている。IATA空港コードはNGOで、開港前に名古屋空港(小牧)で使われていた物を継承している。なお、名古屋空港で用いられている空港コードはNKMである。航空業界の格付会社であるスカイトラックスの空港総合評価調査において、空港施設・空港スタッフなどによるサービス提供レベルが世界最高水準である「5スターエアポート」(THE WORLD’S 5-STAR AIRPORTS)として認定されている(「5スターエアポート」認定空港は、この空港を含め世界に7空港)。また、2019年3月、スカイトラックスは、世界の空港を格付けする「ザ・ワールズ・ベスト・エアポーツ・オブ・2019」において、2018年の第7位から順位を上げて香港国際空港に次ぐ第6位として選出し、「世界一の地方空港」にも選出した。建造物の評価では、第1ターミナル(T1)が、ユニバーサルデザインの実践などが評価され2005年度のグッドデザイン賞(建築・環境デザイン部門 – 建築デザイン)受賞作品である。愛称である「セントレア (Centrair)」 は、英語で「中部地方」を意味する”central”と「空港」を意味する”airport”を組み合わせた造語で、一般公募の中から選ばれた。商標として登録されており(商標登録番号:第4566713号ほか)、空港島の住所表記(町名)や空港内の施設名称などに付されている。また、飛行場名標識に必要となる空港の英語名称にも使用されていることから、航空交通管制における当空港の無線交信における呼出名称にも「セントレアタワー」「セントレアアプローチ」のように使用されており、呼出名称に空港設置以前からの地名でない名称を使用している国内唯一の事例である。略称として中部空港、中部と称されることもあるほか、時刻表や発着案内において都市名と併記する際は名古屋空港(小牧)と明確に区別するため、「名古屋(中部)」などと記述される。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ