世田谷ビジネススクエアに滝がございました。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




用賀駅直結の世田谷ビジネススクエア、地下にあるカフェから正面にこの滝が見えるわけですよ。こいつは素晴らしいですよ。ここって昔は玉電の車庫だったところなんですよね。まあ恐ろしい変わりようですな~。しびれますな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    世田谷ビジネススクエア(せたがやビジネススクエア)は、東京都世田谷区用賀四丁目にある28階建の超高層ビルを軸に八つの建物からなる商業・業務施設である。略称はSBS。旧東急玉川線車庫跡地2.9haを東京急行電鉄(現:東急)が東急不動産と共同でニューオフィスゾーンとして整備を行ったもので、用賀地区地区計画により複合機能(業務、商業、住宅、文化)の調和を図るとともに駅前空間の整備を図ることを目標とし、水と樹木に囲まれた散歩道、庭園、プロムナードを配したデザイン設計、人が行き交うことを考慮するとともに、最先端の機能を備えたインテリジェンスビルで、両社のイメージリーダー的なビルプロジェクトとして計画された。全体はタワーと中低層建築群で構成され、タワーは街の象徴となり、隣接する高速道路を通って東京に入る際のランドマークとなっている。緑の屋上を階段状にステップダウンする構成の中層棟を高速道路側に配置し、敷地北側の遊歩道には2階建ての建物が面する。遊歩道は用賀駅から世田谷美術館へのアプローチであり、敷地西側で整備が止まっていた「いらかみち」を今回計画において、東急グループが敷地の一部を提供し、駅まで延長され「用賀プロムナード」が完成した。用賀駅とは直結しており、地下6.7mのレベルで駅とタワーをつなぐコンコースは、円形階段、サンクンガーデン、トップライト等さまざまな光を取り入れる工夫がされており、地下とは感じさせないアプローチとなっている。なお、駅直結に対する認知度向上によるテナント誘致力の強化等を狙い、SBSの共有持分に係わる不動産信託受益権を保有する東急リアル・エステート投資法人が東急電鉄とのコラボレーションで、2013年末(公式には2014年1月1日)から用賀駅に「世田谷ビジネススクエア前」という副駅名標広告を設置している。計画地は東京圏でも質の高い住宅エリアを後背地に抱えている地域で、従来の感覚ではオフィス立地ではなかった。このため、新しいスタイルのオフィスビルの提案、最先端の機能を持つインテリジェンスビルとして設計され、特にセキュリティに関しては最先端のICカードシステムを導入して差別化を図った。そうしたセキュリティの高さが評価され、セキュリティに関し要求が厳しい外資系企業が、開業から数年キーテナントとして入居していた。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ