東京駅の京葉線ホームから八重洲地下街までの連絡通路。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。












東京駅の京葉線ホームは鍜治橋通りの地下にあるわけですから、出口によっては有楽町駅や千代田線の二重橋駅が近くに御座います。JRの駅として一体になってる東京駅ですから構内連絡通路がある次第ですが、八重洲口に連絡しているので、やたら長い距離となっている訳ですわな。有楽町駅や千代田線の二重橋駅が近いとは言っても出場すると運賃が通算されないわけですから、JR同士の路線に乗り換えする場合は遠い通路を使用しないとならないのでございますな~。あまりに長いのでムービングウォークが何基も整備されておりますわ~。羽田空港みたいですなw 武蔵小杉駅と比べてもコッチの方が距離が長いですかね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    JR東日本の駅は各路線の線路とホームはほぼ南北方向に伸びているが、成田新幹線計画の名残である地下の京葉線ホームのみ他線と遠く離れほぼ東西方向に伸びている。出入口は東西南北に設けられており、西側を丸の内口、東側を八重洲口、北東側を日本橋口、南側を京葉地下出口と称している。東西の駅舎を連絡する改札内通路は北・中央・南の3本があり、それぞれの通路に対応して丸の内側・八重洲側それぞれの地上に3か所の改札口がある。丸の内中央口は元は皇室専用だったため北口・南口に比べ小さい(現在は別に皇室用の出入口と貴賓室がある)。丸の内側の地下3か所と八重洲中央口の地下にも改札口があり、丸の内側は東京メトロ丸ノ内線や丸ビル・新丸ビル方面へ、八重洲側は八重洲地下街方面へ通じる。また、丸の内側と八重洲側を改札外でつなぐ北側自由通路(1階・地下1階)がある。なお、南口にも東西の駅舎をつなぐ通路があるが、こちらは通行する人が限られている。このほか、新幹線の日本橋口改札などがある。日本橋口は唯一改札の外から新幹線乗り場に直接入ることができる。在来線の構内は非常に広い。1階は改札内(駅ナカ)商業施設が充実している。長年、地下1階はコインロッカーが多く商業施設が少なかったが、2007年10月25日にJR東日本の商業施設「グランスタ」がオープンした(2020年8月3日に「グランスタ東京」としてリニューアル開業。駅コンコースにはJR東日本の管轄エリアも多く、それらの店舗やレストランなどでは電子マネーとして、Suicaおよびこれと相互利用可能な交通系ICカードが利用できる。対して、新幹線の構内はあまり広くなく、商業施設はホーム上にほぼ限られている。「グランスタ」開業に合わせて、八重洲地下中央口の改札内にある待ち合わせ場所として有名な「銀の鈴」のリニューアルが行われ、1階と地下1階を結ぶエスカレーターが新設された。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ