晴明神社は、京都市上京区晴明町にある神社。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




晴明神社を覗きに来ました。言わずと知れた安倍晴明を祀る神社でございます。拙者が京都で暮らしている間には来たことがございませんでした。当時は今ほどの人気な観光地では当然ございませんでしたですね。一躍有名かつ観光地化したのは平成以降でございますね。きっかけは夢枕獏の小説と、その漫画化・映画化でございますね。五芒星の社紋が全国的に知られるようになりましたね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    晴明神社(せいめいじんじゃ)は、京都市上京区晴明町にある神社。安倍晴明を祀る。一条戻橋のたもと(北西)にあった晴明の屋敷跡に鎮座する。全国各地に同名の神社が存在する。旧社格は村社。寛弘2年(1005年)に晴明が亡くなると、その時の天皇一条天皇は晴明の遺業を賛え、晴明は稲荷神の生まれ変わりであるとして、寛弘4年(1007年)、その屋敷跡に晴明を祀る神社を創建した。当時の境内は、東は堀川通、西は黒門通、北は元誓願寺通、南は中立売通まであり、かなり広大であった。しかし度重なる戦火や豊臣秀吉の都市整備などにより次第に縮小し、社殿も荒れたままの状態となる。また、隣接して千利休の屋敷が設けられていた。幕末以降、氏子らが中心となって社殿・境内の整備が行われている。明治時代になると村社に列せられた。1950年(昭和25年)には堀川通に面するように境内地が拡張されている。平成以降、漫画化・映画化もされた夢枕獏の小説のヒットにより、主人公である安倍晴明のブームが起こり、全国から参拝者が訪れるようになった。晴明歿後千年となる2005年(平成17年)には安倍晴明千年祭が行われた。2017年(平成29年)に二の鳥居の社号額が新調され、安政元年(1854年)に土御門晴雄により奉納されたものを忠実に再現したものとなった。一の鳥居の社号額には五芒星の社紋が描かれている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ