阪和線美章園駅そばの、佐藤たこ焼き経営道場。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。

Screenshot
佐藤たこ焼き経営道場
作りたてのたこやきはどこのお店も美味しい。しかし、テイクアウト等で持ち帰った、たこやきを食べた場合、時間が経過し硬くなります。そのような「硬い」たこやきなど美味しいはずはありません。しかしながら、現実は実際85%以上のお客様は購入後、1時間~2時間ほど経過した状態で食べてしまいます。
近鉄南大阪線の河堀口駅から阪和線の美章園駅に向かって阪和線沿いに歩いておりますと、阪和線のガード下になにやらド派手な店舗がございました。たこ焼き一球入魂とか佐藤たこ焼き経営道場とか Takoyaki academy とか書かれているのでございます。WEBサイトがあったので見てみました。代表者の方は、たこ焼きに命を懸けているのだそうです。たこ焼きと言えば悲しいかな阪神タイガースの完封負けを思い浮かべるというファンにあるまじき拙者なんでございます。関係ありませんがw うむむ。しかし派手な店舗ですな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    たこ焼き(たこやき、蛸焼き・タコ焼き・たこ焼・蛸焼)は、小麦粉の生地の中にタコ(主にマダコ)と薬味を入れて直径 3-5cmほどの球形に焼き上げた郷土料理。直径には大小の2種類があり、近年は「ジャンボたこ焼き」と呼ばれる大型のたこ焼きを売る店が増えている[注釈 1]一方、家庭では焼きやすい小型のものが多い。明石焼き・ちょぼ焼き・ラジオ焼き(ラヂオ焼き)をルーツとしており、基本的には、おやつ・間食として食べられるが、ご飯のおかずとする地域もある。たこ焼きの創始者は、大阪市西成区「会津屋」の初代・遠藤留吉とされている。1933年(昭和8年)、遠藤はラジオ焼きを改良し、従来のこんにゃくの代わりに醤油味の牛肉を入れて肉焼きとして販売。1935年(昭和10年)、タコと鶏卵を入れる明石焼に影響を受け、牛肉ではなくタコ・鶏卵を入れるようになり、たこ焼きと名付けた。遠藤の故郷会津の郷土料理であるこづゆの味付けを模したダシで、小麦粉を溶いて仕上げていたという。会津屋のたこ焼きは、生地に味がついているため、何もかけずに食べるが、戦前は会津屋以外のたこ焼き屋でも出汁や醤油風味で何もかけずに食べるたこ焼きが大半だった。第二次世界大戦前の大阪では、2個で1銭程度の価格で売られていた。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ