倶利伽羅駅は、石川県にある、IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。
















IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道の倶利伽羅駅でございます。両社の会社境界駅でございます。元々北陸本線の駅でございます。全列車が相互直通運転を行っているため、この駅止まりの列車はございません。源氏と平氏の倶利伽羅峠の戦いがあった地でございます。無人駅ですが、実に味わい深い木造駅舎から跨線橋で島式1面2線のホームへ向かう構造でございます。保守用の側線と作業スペースがある広い構内となっておりますですな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    倶利伽羅駅(くりからえき)は、石川県河北郡津幡町字刈安にある、IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道の駅である。IRいしかわ鉄道のIRいしかわ鉄道線と、あいの風とやま鉄道のあいの風とやま鉄道線が乗り入れている。会社境界駅であり、当駅から金沢方面がIRいしかわ鉄道線、富山・市振方面があいの風とやま鉄道線となっている。当駅は両社の共同使用駅で、IRいしかわ鉄道の管轄駅である。あいの風とやま鉄道で唯一、石川県に所在する駅である(ただし、あいの風とやま鉄道の管轄駅はすべて富山県に所在)。鉄道資産上は県境付近が両社の境界だが、営業上では当駅が境界で、運賃体系も変わる。元々は両路線とも西日本旅客鉄道(JR西日本)の北陸本線であったが、2015年3月14日の北陸新幹線長野駅 – 金沢駅間延伸開業に伴う並行在来線の経営分離により、当駅を境に金沢方はIRいしかわ鉄道、市振方はあいの風とやま鉄道へ承継され、駅施設もIRいしかわ鉄道へ移管された。そのような経緯から、IRいしかわ鉄道線とあいの風とやま鉄道線の富山駅以西は現在も一体運用されており、当駅に乗り入れる全列車が相互直通運転を行っている。そのため、当駅を始発・終着とする列車はない。なお、当駅での乗務員交代は行われず、IRいしかわ鉄道またはあいの風とやま鉄道の乗務員が通しで乗務する。島式ホーム1面2線を有する地上駅で、このほかに保守用の側線を有する。津幡駅管理の無人駅。JR西日本時代にはボランティアのOBによる名誉駅長が配置されていた。なお、駅舎は開業当時からのものを使用しているが、出札口の跡は壁となっており痕跡はなくなっている。以前は自動券売機が設置されていたが、運賃改定に伴い一旦撤去。その後IRいしかわ鉄道への移管に際して押しボタン式の券売機が再設置された。また、JR西日本時代、金沢〜富山間を運行するワンマン列車は、区間内で当駅のみ後乗り前降り方式を適用し、車内精算を行っていた。駅舎からホームへは跨線橋で連絡している。駅舎およびホーム上に待合室がある。2011年度に、2両分のホームかさ上げ工事と2両停止位置目標の設置がなされるなど、521系2両編成の運用に対応した施設改良がなされている。駅前にはほとんど民家はないが、駅から県道へ出ると刈安集落に出る。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ