一汁三菜食堂高知インター店での、ランチタイムでございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。



この種のお店が我が自宅や勤務先の近所にあって欲しいと願わずにおれない今日この頃でございます。でも、あったら過食癖が益々酷いことになる予感が致しますですがw ともあれ、一汁三菜食堂とはナカナカに良いネーミングでございますな~。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    一汁三菜(いちじゅうさんさい)は、日本料理の献立およびメニューの1つ。一汁は汁物を1品、三菜は料理を3品という意味である。もともとは本膳料理の献立の1つで、飯と漬物と汁物に加えて、膾が1品、平皿(ひらざら)と呼ぶ煮物が1品、そして焼き魚等の焼物が1品で、一汁三菜である。本膳料理では他に、二汁五菜、三汁七菜、さらには三汁十五菜まであった。懐石でも本膳料理の流れをくんで、まず飯と汁に加えて、向付(むこうづけ)と呼ぶ膾や刺身の1品が出される。次に煮物椀と呼ばれる煮物や吸物の1品が出され、そして焼き魚等の焼物の1品で、三菜である。会席料理でも懐石と同じく、向付、煮物椀、焼物の三菜が出され、飯と汁物は最後となることが多い。現在、日本の一般家庭における日常の食事では、飯と汁に、食肉や魚介類等の動物性の惣菜を主菜として1品、野菜や海藻、豆腐など植物性の惣菜を副菜として、2品の一汁三菜が一例としてあげられている。一汁三菜の献立は、米を中心とした主食に汁物、主菜、副菜、副々菜から構成され、多彩な食材を取り込むことができる一方で、乳製品や果物の取り方に工夫が必要である。一汁三菜の食事パターンは健康増進に寄与すると考えられているが、脂質や食塩の過剰摂取の傾向がある。焼き魚定食には、筑前煮・五目豆・そぼろ餡かけ(里芋・かぼちゃ・大根)・肉じゃが・五目ヒジキなどの煮物、和え物にホウレン草・小松菜の胡麻和え・お浸しとかを加える。五目豆を冷凍したり、和え物はレンジを使うことで負担を減らせる。盛りつけについては、主菜2.5:副菜1.5:副副菜1の食器の大きさ比がもっとも評価が高く、主菜の食器は縦1:横1.6(楕円や長方形)、副菜の食器は縦1:横1(正円形や正方形)の組み合わせが好まれるとする実験結果がある。仕切りのあるプレート皿を使うことで、洗物を減らしている主婦も多い。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ