古町駅は、愛媛県松山市平和通6丁目にある、伊予鉄道の駅その4。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




伊予鉄道の古町駅でございます。郊外線である高浜線と、軌道線である市内電車大手町線・城北線の駅でございます。傍らに鉄道線・軌道線併用の車庫と工場、検修場があります。さてさて、ここから一駅のみ移動して大手町駅に向かいます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    古町駅(こまちえき)は、愛媛県松山市平和通6丁目にある伊予鉄道の駅である。夏目漱石の小説「坊っちゃん」にも名前が登場する。高浜線は当駅より松山市駅まで松山市の中心市街地内を走る。当駅は三津駅・衣山駅と共に高浜線の交通結節点に指定されている主要駅である。緊急時の区間運転では、折り返し駅となる。また、ダイヤ混乱時は、当駅と松山市駅での抑止を基本とした運転整理が行われる。松山市駅へは、高浜線、大手町線どちらでも行けるが 高浜線の方が所要時間が短い。本数は高浜線が日中毎時4本、大手町線経由が毎時6本。なお、運賃は同じ。市内電車(松山市内線)は1号線・2号線が当駅を使用する。また、朝時間帯に限り5号線の始発駅が当駅まで延長される。軌道線・鉄道線が同一構内にあり、軌道線と鉄道線(高浜線)が構内で斜めに平面交差する構造になっている。4面5線。緊急時に高浜線は当駅か、三津駅での折返し運転を実施する。また、当駅と衣山駅の間は駅構内を除き踏切が存在しないため、該当区間が単線並列として扱われる場合がある。古町車両工場(車両基地)を併設しており、市内電車と郊外電車の車庫と工場、検修場があり、電車はここで整備を受ける。また、夜間滞泊の運用もある。かつて地下道があったが、バリアフリー化のため、各ホームへ踏切を渡って行ける構造(警報機はある)にしている。構内には、廃車された坊っちゃん列車の客車(1911年製のハ31形のオリジナル。2001年から市内線を運行しているものはレプリカ)が保管されている。軌道線の運賃収受は車内で行う。鉄道線の切符(市内電車運賃と同額の160円)では乗車できない。松山市中心部の外れに位置しており、マンションやオフィスビルが林立している。萱町商店街やフジグラン松山などの商業施設にも程近い。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ