須賀川駅前広場の、ウルトラマン像でございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




特撮の神様とも呼ばれる円谷英二さんの出身地、須賀川でございますのでね、須賀川駅前広場にもウルトラマン像がございます。こちらのウルトラマン像はなんだか芸術的要素に溢れておりますですな。思いっ切り空を見上げたポージングでございます。後方から見ますと丁度目の前にあったウエルネスゲートっていうお店の看板の女性と対を成しているようで思わずほっこりしてしまいましたですよ。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    円谷 英二(つぶらや えいじ、1901年〈明治34年〉7月7日 – 1970年〈昭和45年〉1月25日)は、日本の特撮監督、映画監督、撮影技師、発明家、株式会社円谷特技プロダクション(現在の円谷プロダクション)の初代社長。福島県岩瀬郡須賀川町(現須賀川市)出身。本名は圓谷 英一(つむらや えいいち)。昭和における特殊撮影技術の第一人者であり、独自に作り出した技術で特撮映画界に多大な功績を残したことから、特撮の神様とも呼ばれる。円谷の人生は、活動大写真と呼ばれた明治時代の黎明期から、映画斜陽期を迎えた東宝解体までの日本映画界の歴史とそのまま重なっている。一家は全員カトリック教徒で、英二の洗礼名はペトロ。墓所は東京都府中市のカトリック府中墓地にある。1957年の東宝特撮映画『地球防衛軍』などでは、圓谷英二の表記名でクレジットされていた。初期や終戦後の一時期には本名でも活動していた。終戦後の本名名義は、戦争責任の追及を逃れるためであったとされる。円谷の下には数多くの若き才能が集い、彼らは親しみを込めて円谷を「オヤジさん」と呼んでいた。ただし、英二本人に向かって「オヤジさん」と呼ぶ者はいなかったという。1901年(明治34年)7月7日、福島県岩瀬郡須賀川町(現須賀川市)で生まれた。生家は大束屋(おおつかや)という糀業を営む商家だった。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ