蒸気機関車がある幸町公園にあった、北海道鐡道記念塔台座。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




宿泊地のそばに蒸気機関車が展示されている公園があるってんで寄ってみたんですが、北海道鐡道記念塔の台座ってのもございましてね。良く分からないままにとりあえずパチリンコして後で調べてみようと思っていたんですが、結局なんもわからんかったで~みたいなことになっておりますw

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    釧路市(くしろし)は、北海道東部(道東地方)の太平洋沿岸にある市。釧路総合振興局の振興局所在地。道東地方を管轄する国や道の出先機関のほか、外国の領事館や国際機関の置かれている道東の政治の中心都市である。国内の市町村では面積第7位(香川県の7割相当)、人口は道内第6位であるが、1984年以降は人口減少に転じており、2014年(平成26年)4月1日には全域が過疎地域に指定されている。 国際バルク戦略港湾(穀物)に選定された釧路港を持ち、製紙工場や食料品工場、医薬品製造工場、発電所などを擁する臨海工業都市である。また、多くの観光客が来る釧路空港と、釧路湿原国立公園および阿寒摩周国立公園の2つの国立公園を市域に有する。 小惑星(4096) Kushiroは釧路市にちなんで命名された。市内を釧路川、阿寒川が流れるほか、阿寒湖、春採湖がある。旧釧路市は平地に位置するため山はほとんどなかったが、合併により、白糠町を囲むような形で西側への飛び地ができ(合併経緯参照)、北西部に旧阿寒町の雄阿寒岳などの山岳地帯を含むようになった。北東部は釧路湿原国立公園と隣接し、釧路湿原との境界ぎりぎりの所まで住宅が建ち並ぶ。旧音別町部分の401.40平方キロメートルは、釧路市中心部とは間に白糠町を挟んで離れており、大規模な飛地となっている。このような大規模な飛び地のある自治体は日本でも数えるほどしか無い。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ