美幌駅のそばに建つ、アイヌ酋長像「荒野」です。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




谷口百馬さんという彫刻家の作品で、1953年にコンクリート造として作られ、後に鋳造されてここに移設されたという記事がございました。アイヌ酋長像「荒野」です。美幌駅のすぐ脇にございますが、これまでに3か所ほど設置場所が変わっているのだそうです。ギリシャ神話を思い起こさせられるような像ですな。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    美幌町(びほろちょう)は、北海道オホーツク総合振興局管内にある町。町名にはアイヌ語と「ピポロ」〔石・多い〕あるいは「ペホロ」〔水・多い〕の二説があり、特定しがたいとされる。 陸上自衛隊の駐屯地があり、自然が豊かで降雪や災害が少なく、空港が近いことから道外からの移住者が多いのが特徴。網走川と美幌川に挟まれ形成された半径約2kmの市街地に、人口の8割以上が集中するコンパクトシティである。地形は網走川、およびその水系の河岸段丘および氾濫原に広がり、網走市と北見市のほぼ中間に位置する。隣接する女満別空港から市街地までの移動時間は自動車で15分程度、石北本線や国道4路線、道道6路線が交わる道東の交通の要衝に当たる。日照率が高く、降雨量が少ないが、水道の水源地は、藻琴山から湧き出る女満別川上流であり、良好な水質を保っている。陸上自衛隊美幌駐屯地や日本甜菜製糖をはじめとする多くの食品工場があることから、関係者や家族(主に町外出身者)が多く暮らしており、経済活動にも少なからず影響を持っているとされる。さらに、自然が豊かで、降雪量が北海道の気候としては少ない部類に入り、自然災害が少なく、温和な環境である。そして、商業施設や交通、医療機関等の都市機能が充実しているため、町外はもとより、北海道での生活を求めた道外出身の移住者が多く在住している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ