西長堀駅は、大阪市西区にある、千日前線と長堀鶴見緑地線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。














大阪メトロ千日前線と長堀鶴見緑地線の西長堀駅でございます。千日前線は相対式2面2線、長堀鶴見緑地線は島式1面2線の地下駅でございます。後から出来た長堀鶴見緑地線が走るのは元々が川だったところで、以前に建設された千日前線のホームは川を避けて南に進んだ位置に作られた経緯があり、両線の乗り換えは少々長いアクセスルートになっており、かつ長堀鶴見緑地線ホームから野田阪神方面行ホームへの移動は南巽方面行ホームを経由することになるため、結構不便でございます。長堀鶴見緑地線の駅にはデザインテーマがございますが、この駅は「木のぬくもり」で、通路にそれを表すタイルの装飾が設置されております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    西長堀駅(にしながほりえき)は、大阪府大阪市西区北堀江三丁目および同区新町四丁目にある、大阪市高速電気軌道 (Osaka Metro) の駅。千日前線と長堀鶴見緑地線の2路線が乗り入れる。千日前線は相対式2面2線、長堀鶴見緑地線は島式1面2線の地下駅である。千日前線南巽方面行ホーム北寄りから長堀鶴見緑地線ホーム東寄りへ比較的長い連絡通路が設けられている。なお、長堀鶴見緑地線ホームから野田阪神方面行ホームに出入りする際には、一旦南巽方面行ホームを経由しなければならない。このように千日前線ホームが長堀通から南へ離れた場所に位置し、長堀鶴見緑地線との乗り換えが不便なのは、千日前線建設時に長堀川(西長堀川)が流れていたためである。改札口は長堀鶴見緑地線ホーム側に1か所、千日前線ホーム側に南北1か所ずつ、合計3か所。千日前線ホームは天井が非常に高いのが特徴である。長堀鶴見緑地線の当駅のデザインテーマは、「木のぬくもり」に設定されており、千日前線との乗り換え通路には木目調のタイルによる装飾がなされている。長堀鶴見緑地線の当駅付近は、江戸時代に阿波や土佐の材木を扱う問屋が集中していた白髪町(しらがまち)にあたる。現在の新町3 – 4丁目と北堀江3 – 4丁目のそれぞれ長堀通付近は、江戸時代に広大な蔵屋敷を構えていた土佐藩の影響力が強かった地域で、この地域を指して西長堀の呼称が生じた。現在も長堀通の交差点名として残る「白髪橋」と「鰹座橋」は土佐にちなむ「白髪山」と「鰹」が由来で、土佐出身の岩崎弥太郎が起こした三菱発祥の地でもある。上述の通り千日前線ホームは北堀江側へ寄っているが、長堀通と新なにわ筋の交点である鰹座橋交差点に位置しており、かつて長堀通(当時は末吉橋通)を走っていた大阪市電の停留所名も「鰹座橋」であった。周辺は中層のマンションが多い。長堀通の中央分離帯(約15メートル)に自転車駐輪場が設置されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ