クリスタ長堀は、大阪市中央区南船場にある長堀通の地下街である。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








長堀通の四つ橋筋から堺筋まで続く地下街、クリスタ長堀でございます。本年5月に25周年を迎えております。単体地下街の面積では日本一でございます。大阪市を中心とする第三セクターが運営しておりますが、2004年(平成16年)に経営破綻状態となって、大阪地裁に特定調停の申し立てを行って、翌年に特定調停が成立したという経緯がございます。長堀橋駅周辺では閑古鳥が鳴く声が聞こえると言われておりますが、2004年10月末の借入金残高320億円、大阪市のお荷物そのものでございますな。近年では状況が改善しているとのことでございますが、未だにこんな大規模な地下街を作る必要があったのかどうなのかの話題には事欠かないのでございますね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    クリスタ長堀(クリスタながほり)は、大阪市中央区南船場にある長堀通の地下街である。大阪市の中心部を通る、長堀通の四つ橋筋から堺筋までの全長860m(うち地下街は730m)の部分の地下にある心斎橋周辺地下街で、延床面積は81,765m2。住居表示は大阪市中央区南船場二丁目長堀地下街1号〜2号、南船場三丁目長堀地下街3号〜5号、南船場四丁目長堀地下街6号〜8号。店舗面積(SC面積共=商業小売店など)は9500m2であり、テナント数102、駐車台数1030台である。延床面積8万1765m2は、単体地下街面積日本一(2010年時点)。この日本一というのは、単独地下街として、大規模小売店舗法(現在の立地法)などで届け出た面積が最大ということである。接続の地下街はなく、他の地下街との面積を合算したものではない。1991年(平成3年)12月 – 長堀通改造計画の調査・検討開始。1992年(平成4年)5月20日 – 大阪市 (42.1%) のほか29社の出資により、第三セクターの大阪長堀開発株式会社(後のクリスタ長堀株式会社)を設立。1997年(平成9年)5月 – 地下鉄長堀鶴見緑地線全線開業とほぼ同時に、「クリスタ長堀」開業。2000年(平成12年)3月 – 大阪長堀開発株式会社が、クリスタ長堀株式会社に商号変更。2001年(平成13年)2月 – クリスタ長堀株式会社が、経営改善計画を策定。2004年(平成16年)11月1日 – クリスタ長堀株式会社が、経営破綻状態となり、大阪地方裁判所に特定調停の申し立て。2005年(平成17年)6月28日 – 特定調停が成立。以後、順調に経営している。2022年(令和4年)5月 – 開業25周年。クリスタ長堀株式会社。1992年に大阪市などの第三セクターとして設立したが、2004年11月1日に特定調停を申し立てた。2004年10月末の借入金残高320億円である。旧長堀川を埋め立てて、大阪市が地下駐車場を運営していたが、地下鉄長堀鶴見緑地線を建設するに当たり、駐車場を含めて一体化した地下街を建設した。心斎橋筋と交差する東西に長い立地は、特に堺筋側で集客力に欠け、開業当初より苦しい運営であった。その後、経営再建に取り組んだ結果、2005年度に初めて黒字を計上。以後、毎期利益計上している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ