梅の辻停留場は、高知市梅ノ辻にある、とさでん交通桟橋線の停留場。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






とさでん交通桟橋線の梅の辻停留場でございます。併用軌道にある交差点を挟んで千鳥式に配置されている相対式2面2線の停留場でございます。隣のはりまや橋停留場との間に鏡川に架る道路併用橋の潮江橋があり、電車はここを渡ります。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アバター画像
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    梅の辻停留場(うめのつじていりゅうじょう)は、高知県高知市梅ノ辻にあるとさでん交通桟橋線の路面電車停留場。停留場名については「梅ノ辻」の表記も用いられる。梅の辻停留場は1904年(明治37年)の開業。とさでん交通の前身、土佐電気鉄道による路線開業時より存在する停留場である。開業時の路線は本町線(堀詰 – 乗出間、のちの伊野線)と潮江線(梅の辻 – 桟橋間)の2路線で、当停留場は潮江線の起点だった。1906年(明治39年)には当停留場から堀詰停留場までの区間が結ばれ、潮江線は桟橋線に改称している。堀詰までの区間は当初、梅の辻から北上し鏡川を潮江橋にて渡った後、橋の北詰から進路を西に転じて鏡川の土手を進み、再び北上するという経路をとっていた。このルートは1928年(昭和3年)、はりまや橋から南下して梅の辻まで至る新線が開通したことにより廃止された。桟橋線の軌道は道路上に敷かれた併用軌道であり、梅の辻停留場も道路上にホームが設けられている。ホームは南北方向に伸びる2本の線路を挟み込むように2面設けられているが、互いのホームは交差点を挟んで南北方向にずれていて、北に桟橋方面行きのホーム、南に高知駅方面行きのホームがある。隣のはりまや橋停留場との間には鏡川が流れ、桟橋線は潮江橋にて渡河する。潮江橋は1906年に軌道専用橋として架橋、1927年(昭和2年)5月に架け替えられて道路との併用橋になった。現用の橋は1980年(昭和55年)11月に完成した2代目の併用橋。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ