• Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    京成金町駅(けいせいかなまちえき)は東京都葛飾区金町五丁目にある京成電鉄金町線の駅。駅番号はKS51。金町線の終点であり、東日本旅客鉄道の金町駅と相互乗換駅である。金町線の前身である帝釈人車軌道の金町駅は1899年(明治32年)12月17日に開業している。単式ホーム1面1線を有する地上駅。行き止まり型の棒線駅であり、列車はそのまま折り返す。ホーム長は4両編成分であるが、狭小な敷地でホーム有効長を確保している関係でホーム・線路とも僅かにカーブする構造になっており、これ以上ホームを延長するための用地がない。駅舎にはテナントとしてコンビニエンスストア等が入居している。

  2. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    金町駅(かなまちえき)は、東京都葛飾区金町六丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)・日本貨物鉄道(JR貨物)の駅である。当駅に乗り入れる路線は、常磐線と総武本線支線(通称:新金線)である。新金線は貨物列車専用となっており、常磐線の快速線上に設けられた貨物駅構内から分岐している。旅客駅は、常磐線の緩行線を走行する常磐線各駅停車のみが停車する。駅番号はJL 21。また特定都区市内制度における「東京都区内」に属しており、常磐線では当駅がその最東端となっている。ちなみに、当駅 – 松戸駅間の営業キロは3.9kmで、東京支社管内の常磐線(日暮里 – 取手間)の駅間距離としては最長である。当駅の南口向かいには、京成電鉄金町線が乗り入れている京成金町駅があり、当駅からの乗り換えが可能となっている。2003年までは専用線発着の車扱貨物を取り扱っていた。かつて駅北西に三菱製紙中川工場があり、そこへ続く専用線が存在していた。工場内にあった倉庫へ紙製品を輸送するため八戸臨海鉄道北沼駅 – 八戸貨物駅 – 当駅間に有蓋車(ワム80000形)で組成された貨物列車が運行されていたが、工場の閉鎖に伴い同年3月18日限りで廃止された。それ以前は三菱製紙中川工場の北側にある三菱ガス化学東京工場へ続く専用線もあった。現在はその跡地が遊歩道となりイトーヨーカドー金町店の敷地や建物の形状にもその名残がある。新金線を経由する貨物列車は側線で待機することがある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)