広島駅は、広島県広島市南区松原町にある西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅。

大都会岡山を離れ、恐らく4年振り?位に広島シティネットワークの中枢となるターミナル駅、広島駅に来ました。すぐなんですけどねw 広島シティネットワークの範囲内はすっかりレッドウイング、新型車両への置き換えが進んでいて、見違えるようにキレイになっちゃいましたね。これから呉へと向かいますです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    227系電車(227けいでんしゃ)は、西日本旅客鉄道(JR西日本)の直流近郊形電車である。2014年(平成26年)時点で広島支社が保有していた電車は、いずれも日本国有鉄道(国鉄)時代に製造された車両であり、従来は近畿圏(アーバンネットワーク)への新車投入で捻出された、比較的若い車両などを転用して置き換えが行われてきた。しかし、経年35年以上の車両が大半を占めるなど老朽化や設備の陳腐化が進み、老朽車両の取り換えが急務とされていた。これを受けて、2013年(平成25年)3月に発表された「中期経営計画2017」で、広島都市圏(広島シティネットワークなど)への新型車両の投入と新保安システムの導入が記されていた。これらの状況に鑑み、225系などで採用された安全性向上設計を盛り込み、より安全性の高い保安装置や伝送技術の発達などの新技術を積極的に採用した広島エリア向け新型車両として開発されたのが本系列である。広島地区の在来線に新型電車が投入されるのはJR発足以降初めてで、国鉄時代から通算しても、ひろしまシティ電車用として1982年に投入された115系3000番台以来32年ぶり。そして、2015年3月14日のダイヤ改正により広島地区の在来線で運行を開始した。広島地区向けに投入された車両には「Red Wing(レッド ウィング)」という車両愛称が付けられている。2両編成と3両編成があり、この2タイプの編成を併合・分割することで最大8両まで編成を自在に構成し、旅客の需要に柔軟に対応できる。原則として従来形式との併結運用は行わない。2015年9月29日に「“JRシティネットワーク広島”のブランディング(227系電車と路線記号カラーデザイン)」として、2015年度グッドデザイン賞(移動用機器・設備部門)を受賞している。広島地区の列車は、すべて2019年春のダイヤ改正で定期列車を227系に統一した。また、2019年春のダイヤ改正より1000番台が和歌山線・桜井線および紀勢本線の一部に投入され、運行開始した。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)