本通駅は、広島県広島市中区本通にある広島高速交通広島新交通1号線(アストラムライン)の駅である。

階段7段分かそこらの段数しかない短いエスカレーターを尻目に、本通駅に来ました。





アストラムラインで大町駅まで行きます。何しに? 乗り鉄っすわ。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    広島新交通1号線(ひろしましんこうつういちごうせん)は、広島県広島市中区の本通駅から同市安佐南区の広域公園前駅に至る広島高速交通の自動案内軌条式旅客輸送システム (AGT) 路線である。日本語の「明日」に英語の「トラム」(路面電車)という意味から付けられたアストラムラインの通称がある。広島市中心部と広島市北西部(主に安佐南区)の住宅地とを結ぶ足として建設が進められた。広島市中心部から長楽寺駅までの区間が先に建設に着手されたが、安佐南区と佐伯区に跨がるニュータウン「広島西部丘陵都市」の一角に整備された広島広域公園を主会場とする広島アジア大会(1994年10月)の開催決定を受け、その会場アクセス鉄道として長楽寺駅 – 広域公園前駅間も着工された。1994年8月20日に本通駅 – 広域公園前駅間 18.4km の全区間が同時開業した。現在は市中心部と住宅地とを結ぶ足としての機能のほか、広島広域公園内に建設された広島広域公園陸上競技場(エディオンスタジアム広島)へのアクセス路線としての機能をも有する。本通駅 – 県庁前駅間の0.3km(全線の1.6%)が鉄道事業法に基づく鉄道区間であり、この区間のみ「地下鉄」とみなされ、地下高速鉄道整備事業費補助制度を受けていた。なお、案内軌条式鉄道による地下鉄は日本で札幌市営地下鉄とここだけで、側方案内軌条式を採用している地下鉄としては日本で唯一である。残る県庁前駅 – 広域公園前駅間の18.1km(全線の98.4%)は、地下線も高架線も含めて軌道法に基づく軌道区間である。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)