札幌ら〜めん共和国は、JRタワーにあるラーメンフードテーマパーク。


JR北海道札幌駅の商業施設「札幌エスタ」。この建物全体をJRタワーと呼称するのだそうです。そっちを覗きに来ましたが、10Fレストラン街に「札幌ら〜めん共和国」なるものがあるというので10階まで来てみましたよ。11時からオープンらしいのですが、既に行列が出来ていますがな。時は丁度もうすぐ11時になるのですが、密を嫌うワタクシ、昨晩に味噌らーめん食ったこともあり、やめておきましたのよ。今日はそんなにハラヘでもないことですから特に。

Screenshot
札幌らーめん共和国
北海道ラーメンのフードテーマパーク

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    札幌ら〜めん共和国(さっぽろラーメンきょうわこく)は、JR北海道札幌駅前の商業施設「札幌エスタ」10階レストラン街に2004年10月1日にオープンしたラーメンフードテーマパーク。施設の総合プロデュースは、ナムコの企画設計集団「チームナンジャ」が担当。運営は、札幌駅総合開発株式会社が行う。昭和30年代前半頃の古い商店街をモチーフにした作りとなっており、ラーメン店8店と土産店1店で構成される。ラーメン店は北海道内各地で営業している店が支店として出店し、不定期(6か月-2年の期間)で入れ替えが行われ、オープン以来、2012年12月現在までに延べ40以上の店舗が出店している。2009年10月、神奈川県の「なんつッ亭」が進出。初めて北海道外のラーメン店に門戸を開いた。2014年10月1日、建国10周年を記念して杉村太蔵が「国王」に就任した。同共和国の入場者数は10年間で1200万人、提供ラーメン数1000万杯を超えたという(同年8月末現在)。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)