壺川駅は、沖縄県那覇市壺川三丁目にある、沖縄都市モノレールの駅。




暑さならびに足裏のマメの痛みと闘いながらの散策が続きますが、ゆいレールに乗車中に座っているのが体力回復手段になっているようなものでございまして。よって、乗車距離の長短は気に致しません。思いつくままの移動となっております。乗降フリーの2日乗車券のおかげですな~。

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    壺川駅(つぼがわえき)は、沖縄県那覇市壺川三丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。2003年(平成15年)8月10日:那覇空港駅 – 首里駅間開業と同時に開業。2014年(平成26年)10月20日:ICカード「OKICA」の利用が可能となる。2020年(令和2年)3月10日:ICカード「Suica」の利用が可能となる。相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。エスカレータ・エレベーターの設備がある。駅南西を国場川が沿い、対岸には奥武山公園がある。当駅からは歩行者・自転車用の「北明治橋」で奥武山公園に短絡しているため、那覇まつりなどの催事中は混雑する。駅進入時の車内チャイムは、沖縄民謡「唐船ドーイ」を編曲したものが流れる。ホームからは隣の奥武山公園駅を目視する事も可能。改札付近での沖縄方言による案内放送では「ちぶがー」と発音される。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)