牧志駅は、沖縄県那覇市牧志三丁目にある、沖縄都市モノレールの駅。



国際通りをここから県庁前駅まで歩いてみることに致します。昨晩に来ないで朝早い時間にしたのは、密を避けるためです。そりゃあ土曜日の繁華街の混雑ってのは避けなきゃダメですもんね、このコロナな時代には。

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    牧志駅(まきしえき)は、沖縄県那覇市牧志三丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。国際通りの北側の入口に当たり、複合商業施設「さいおんスクエア」とデッキで直結する。2003年(平成15年)8月10日:那覇空港駅 – 首里駅間開業と同時に開業。2014年(平成26年)10月20日:ICカード「OKICA」の利用が可能となる。2020年(令和2年)3月10日:ICカード「Suica」の利用が可能となる。島式ホーム1面2線を有する高架駅である。エスカレータ・エレベーターの設備がある。当駅の東側にポイントが設置されており、非常時には当駅での折り返し運転が可能である。駅到着時の車内チャイムは、沖縄民謡「いちゅび小節(いちゅびぐゎーぶし)」を編曲したものが流れる。安里駅とは直線距離で300mしか離れておらず、開業当初間に高い建物がなかったため目視できたが、牧志・安里再開発事業によるマンション建設のため現在は目視不可となった。安里駅との間にはポイントがあり、2007年(平成19年)10月21日に儀保駅付近で行われた不発弾処理の際、朝8時頃から処理完了までゆいレール史上初の那覇空港 – 当駅間での折り返し運転が実施された。改札付近での沖縄方言による案内放送では「まちし」と発音される。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)