新能町停留場は、富山県高岡市荻布にある万葉線の停留場。







今回の旅の目的の大部分を「万葉線に乗車すること」が占めておりまして。LRVでございます。電停に到着して電車の到着を待ちます。反対方向からも目的方向からも、やってきたのは目的の超低床車両で、思わず「ラッキー!」と口走りたくなる乗り鉄オタなワタクシでございます。

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    新能町停留場(しんのうまちていりゅうじょう)は、富山県高岡市荻布にある万葉線高岡軌道線の駅(停留場)。富山県道24号伏木港線の併用軌道区間に設置されている。JR氷見線の能町駅が近くにあり、徒歩での乗り換えが可能である。相対式ホーム2面2線の地上駅。交差点を挟み、高岡駅停留場側に高岡駅停留場方面、六渡寺駅側に六渡寺駅方面ののりばがある(千鳥式配置)。2010年(平成22年)12月には、上屋およびスロープが設置され、バリアフリー化されている。1948年(昭和23年)4月10日 – 富山地方鉄道の地鉄高岡(現高岡駅) – 伏木港間の開業により中間駅として開設。1959年(昭和34年)4月1日 – 事業譲渡により、加越能鉄道の駅となる。2002年(平成14年)4月1日 – 事業譲渡により、万葉線の駅となる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)