天王洲アイル駅は、東品川二丁目にある、東京モノレール・りんかい線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


東京臨海高速鉄道りんかい線の天王洲アイル駅でございます。東京テレポート駅から羽田空港に向かうのでモノレールに乗り換えるために移動してきました。しかし、その間の距離って結構離れているうえに、案内されている地上移動ルートだと交差点を歩いて渡る必要があるので特に荷物が多い時とかキャリーバックでの歩行にはあまり適しておりませんな。地下から高架部への移動も一苦労ですし初見だと迷いそうですからな。事情知らずに案内表示のみ頼りに歩くとエライ目に遭いそうですな。屋根付きの歩道橋スカイウォークを経由するルートの方が距離はありますが便利かも、です。でも遠いっす、ホント。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    天王洲アイル駅(てんのうずアイルえき)は、東京都品川区東品川二丁目(通称:天王洲アイル)にある、東京モノレール・東京臨海高速鉄道の駅である。品川区最東端の駅。両線の駅の乗り換えには一旦駅の敷地外に出る必要がある。2通りの乗り換えルートが案内されている。一つは東京モノレール南口とりんかい線A出口の間を移動するルートであり、道路横断を伴うものの移動距離は短い。もう一つは東京モノレール中央口とりんかい線B出口の間で地下通路と屋根付きの歩道橋スカイウォークを経由するルートであり、やや遠回りとなるものの雨天時でも濡れることなく移動できる。当駅が設置される前は雑多な倉庫が並ぶ地区だったが、三菱商事、第一ホテル(現:阪急ホテルマネジメント)、宇部興産による再開発事業、シーフォートスクエアのオープンに伴い、駅を設置することになった。東京モノレールの駅自体がJTBビル(当時のUBEビル)内に設置されている。再開発完了後も周辺には倉庫などがあり、オフィスビルへの通勤客の他にも、周囲の倉庫や品川埠頭への倉庫・通関地区への通勤客も利用する。当駅の英語表記は、東京モノレール・りんかい線ともに「Tennōzu Isle」・「Tennozu Isle」が混在して使用されているが、周辺の総合開発を行う天王洲総合開発協議会における「天王洲アイル」の公式英称は「Tennoz Isle」である。このため駅周辺の案内では、当駅を「Tennoz Isle Sta.」と表記したものが複数存在している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。