くずはモールSANZEN-HIROBA、初代3000系テレビカーどすえ。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。










初代3000系を展示しているからSANZEN-HIROBAなんですね、今気が付きましたよ。なにしろダジャレ等に疎いもので(←おいおいw)。しかしかかし、懐かしいですわ~(これより前の1800系列に一番乗ってた世代なのはナイショw)。この日は時間的に遅かったので、いずれまたゆったりと訪れたいと思っております。聞くところによるとシミュレーターが充実しているみたいですな~。
当分の間、リアルタイムではございませんで、過去に訪れた際の写真を基にした記事が続きます。新型コロナ、緊急事態宣言が出されたことに伴い、不要不急の外出を避けるよう要請されている地域が増えましたのでワタクシも一人旅に関しては一時自粛させて頂きます。ライフワークでありますので忸怩たる思いがございますが昨今の状況を踏まえれば仕方ないことでございます。過去に撮り溜めていた画像がまだ多く手元にあるので、暫くはそれを使用して記事の更新は続けて参るつもりなんです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    京阪3000系電車(けいはん3000けいでんしゃ)は、1971年(昭和46年)から1973年(昭和48年)にかけて製造された、かつて京阪電気鉄道が保有していた特急形車両で5代目特急専用車。2008年(平成20年)6月24日をもって最後の1編成が8000系30番台へと改番され、その後も運用が継続したが2013年(平成25年)3月31日で営業運転を終了した。同時に1954年(昭和29年)の1800系以来59年にわたって続いた京阪電気鉄道のテレビカーの歴史に幕を閉じることとなった。2008年にデビューした2代目3000系と区別するため、「旧3000系」「初代3000系」などと呼ばれる。2020年現在は一部の車両が、譲渡先である富山県の富山地方鉄道にて運用されている。京阪特急専用車としては5代目となる、オールクロスシートおよび冷房装備の2扉車である。編成中にカラーテレビを設置した車両を連結することから「テレビカー」を名乗る。また、車内には日本の鉄道では初採用となった、空気圧による自動座席転換装置を装備している。1971年時点の京阪本線系統各線は架線電圧が直流600 V規格であったが、本系列は近い将来に京阪本線の架線電圧が直流1,500 Vへ昇圧されること(1969年〈昭和44年〉に決定)を前提に、当初から電圧切り替え可能な仕様で電装品などが計画・設計されていた。このため1983年(昭和58年)12月の路線昇圧に際しても大きな改造はなく、42年の長きにわたって特急用車両として運用された。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ