伊部駅は、岡山県備前市伊部にある、JR西日本赤穂線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






備前焼の駅と言えば伊部駅、っつう位に有名な存在になっております伊部でございますが、この読み方も一筋縄ではいかないっしょ。「ん」が間に潜りこむように挿入されているのは何故なんですかね~この地名って。地名の事ばかり云々してると致命的なんで、止めたいのはヤマヤマうみうみなんですが、気になりだしたらそりゃあもう夜もおちおち寝れません、昼も昼寝は致しません(←勝手にしやがれw)。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    伊部駅(いんべえき)は、岡山県備前市伊部にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)赤穂線の駅である。相対式2面2線のホームを持つ地上駅で、行違い可能駅である。互いのホームは跨線橋で結ばれている。開業当初は2面3線のホーム(下りホームが島式)で、現在の北口に備前片上駅や伊里駅と同様の平屋の駅舎があり、跨線橋はなくホームへの行き来は構内の踏切を渡っていた。後に南寄りの1線は撤去され、伊部駅南ふるさと交流センターを併設した南口が完成すると連絡通路や自転車置き場となった。一方、北口は1987年(昭和62年)に備前焼伝統産業会館の1階に移設されている。東岡山駅が管理する無人駅。以前は備前市が窓口業務を受託する簡易委託駅で、周辺の簡易委託駅を管理する営業管理室があり、その中に直営のみどりの窓口も設置され平日に営業していた。2018年(平成30年)9月のICOCAエリア拡大・統合により、当駅にもICカード読取専用機とICカードチャージ機が設置され、ICOCAの利用が可能となった。2019年3月1日をもって簡易委託、並びにみどりの窓口の営業を終了し、翌3月2日からみどりの券売機プラスに移行し、別途金額式近距離券に加えてICOCA定期券・磁気定期券と無記名ICOCAの購入に対応した多機能券売機も導入された。なお、毎年10月第3土・日曜については備前焼まつりのため多数の応援職員が出て窓口営業を行う。道路沿いに商店がある。町並みが拡がるが、山間の小さな平地のためそれほど大きいわけではない。旧国道(山陽道)沿いには、備前焼の店が立ち並んでいる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。