摩耶ケーブルは、神戸市灘区の摩耶ケーブル駅から虹駅に至るケーブルカー。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


















存続が危ぶまれながらも何とか首の皮一枚で辛うじて運行が続けられている感のある摩耶ケーブルとロープウエイでしたが、とりもなおさず続いているのでありがたいこってす、はい。朝から雨の予報でしたが、曇り空で何とか首の皮一枚で辛うじて降らずにいてくれておりましてありがたいこってす、はい。窓口で往復券を購入するんですが、ワタクシ現金を持たない主義でございまして、ここは現金化ペイペイのみってんで、ペイペイなんか大嫌いなワタクシ現金しか選択肢がなく、財布見ましたらギリギリ足りましてね。残り数百円状態になっちまいましたが、何とか首の皮一枚で辛うじて足りましたので、ありがたいこってす、はい。この路線、古い中間駅の跡とか、古い遺構があちこち残ってて楽しいですよ、ありがたいこってす、はい。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    摩耶ケーブル線(まやケーブルせん)は、兵庫県神戸市灘区の摩耶ケーブル駅から虹駅(公式通称・虹の駅)に至る神戸すまいまちづくり公社のケーブルカー路線である。摩耶山を登るケーブルカーで、虹駅からさらに摩耶ロープウェーに乗り継いで摩耶山上まで行くことができる。摩耶ケーブル線摩耶ケーブル駅 – 虹駅(虹の駅)間、摩耶ロープウェー虹の駅 – 星の駅間は、合わせてまやビューライン夢散歩という公式愛称がつけられている。しばしば、まやビューライン、まやケーブルとも表記される。以前は六甲摩耶鉄道(現・六甲山観光)が運営していた。1995年の阪神・淡路大震災で路線上に大きな岩が落下するなど、諸施設が被災し長らく休止していたが、復旧にあたり2000年に神戸市都市整備公社(現・神戸すまいまちづくり公社)が無償譲渡を受け、2001年から摩耶ロープウェーと一体的に運営している。しかしながら、同年度には44万人いた年間利用者もその後低迷し、年間1億円の赤字を抱える状態となっているため、公社は2011年度で摩耶ケーブル線の経営から撤退し、廃止もしくは民間への譲渡を検討していることが明らかとなった。だが、存続を求める声があったことから方針を転換し、神戸市が資産を保有することを前提に運営方針を検討することになった。20分間隔の運行で、多客期は増発されることがある。所要時間は5分。冬期を除く土曜・休日と夏期は営業時間が延長される。2007年9月1日から祝日と夏季をのぞき、毎週火曜日を休業としている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。