神戸市営地下鉄6000形電車は、2018年から導入された電車。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


デビューから三年近く経過したんですか、早いものでございますね。いずれ早いうちに西神・山手・北神線はこの系列に統一される予定でございますか。淘汰される既存の車両たちは、どのような動きを見せるんでしょうね~。ワタクシも淘汰されてしまわないように頑張らないとね~とか考えて・・・ませんけどねw。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    神戸市交通局6000形電車(こうべしこうつうきょく6000がたでんしゃ)は、神戸市交通局が2018年より神戸市営地下鉄の北神線、西神・山手線用として導入した通勤形電車。6000形は西神・山手線では約26年ぶりの新型車両であり、従来の車両から機器類を一新し、安全性の更なる向上とバリアフリー化、快適性向上、省エネ化を目指して設計された。製造は川崎重工業である。2022年度までに6両編成28本を順次投入し、西神・山手線の1000形18編成、2000形4編成、3000形6編成の全28編成を6000形に置き換える予定である。また後に北神車の7000系も全て置き換える対象となり、最終的には33編成体制となって2023年度に全て6000形に統一する予定である。西神・山手線では全駅にホームドアを設置する予定であり、新型車両ではホームドアと車両扉の開閉連動が可能となる。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。