夜の岡山駅前広場なんですけれどね。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




この地に来てから10年以上になりますが、夜間に岡山駅前広場に来たのは数回しかないんでしょうね。職場からはすぐ、居住地から約2kmと、近いんですが。通勤は反対方向ですし、飲食するにしても夜は駅ナカを利用することも無くはないけど稀ですし。本日から暫くの間だけですが、住居の工事でやむを得ず岡山駅そばのビジホに宿泊するのでございます。夕食のついでに少し彷徨っております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    岡山駅(おかやまえき)は、岡山県岡山市北区駅元町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)の駅。岡山県の県庁所在地・岡山市の中心駅で且つ中国・四国地方のターミナル駅であり、営業キロは東京駅から732.9km、新大阪駅から180.3kmである。東海道・山陽新幹線の全営業列車が停車し、四国および山陰各方面への特急列車全ての発着点となる。新幹線および在来線7方面(山陽本線、伯備線、瀬戸大橋線、宇野線、津山線、吉備線、赤穂線)と市内路面電車2方面(岡山電気軌道東山線・清輝橋線)が集まる鉄道の要衝となっている。1891年(明治24年)に関西圏からの鉄道の延伸の形で、当時の私鉄である山陽鉄道の駅として開業した。この駅に隣接する形で中国鉄道の路線も敷設され、やがて鉄道国有化の後には岡山駅から放射状に伸びる路線網が整備されることになる。山陽新幹線の岡山開業の際に基本的には現状の駅構造となり、在来線との接続駅として九州を始め各方面への特急が多数発着し、賑わいを見せた。新幹線が鹿児島中央駅まで開業した現在では、在来線の需要は山陰や四国への特急列車が中心となっている。また、時代による駅の機能の変化とともに以前は日本で唯一(最後まで)赤帽の常駐している駅であると云われていたが、構内改良工事着工と同じ2006年(平成18年)に廃止された。そして橋上駅舎完成と同時にホームの形状も大きく変わり、立ち食いそば屋などの施設は瀬戸大橋線ホームを除き閉店していった。2018年現在は瀬戸大橋線ホームの立ち食いそば屋も閉店し跡地に自動販売機が設置されている。新幹線が島式2面4線の3階の高架ホーム、在来線が4面10線の地平ホームを持つ。なお、2004年(平成16年)から行われた構内改修により西口側にあった津山線・吉備線の16・17番のりばは西口広場拡張のため撤去されるなど、ホームの形状とのりばが大幅に変更されている。駅舎は新幹線口が表口になっている数少ない駅のひとつ。2006年(平成18年)10月に橋上化され、新幹線連絡も含め主だった機能は2階に設置されている。また、東西連絡道路ができたことにより西口駅舎が廃止、改札口も一部を除き2階と地下に集約された。かつてあった高架下の長いコンコースも多くが商業施設になっている。旧西口駅舎は2007年11月18日以降閉鎖され、橋上駅舎2階の中央改札口に統合された。旧西口駅舎と旧津山線・吉備線ホーム跡地には岡山市によって西口交通広場が整備され、2010年4月28日に竣工し同年5月10日に開業した。1階にバスターミナルと一般車乗降場、2階にタクシー乗降場が設けられている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。