西桐生駅は、群馬県桐生市宮前町二丁目にある、上毛電気鉄道の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






この駅舎は国の登録有形文化財に登録されているのでございますね。レトロな雰囲気のマンサード屋根の洋風建築です。前橋と桐生を結ぶ上毛電気鉄道の両端は前橋と桐生の両方で他の駅と接続せず離れた単独駅になっているのも面白いですわ。他線との乗り換えが可能なのは赤城駅での東武桐生線だけでございますしね。終着駅が大好き人間であるワタクシにはたまらんのですわ。しかし、そのために財政的には厳しく、現在では東武鉄道の連結子会社になってるんですね。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    西桐生駅(にしきりゅうえき)は、群馬県桐生市宮前町二丁目にある上毛電気鉄道上毛線の駅である。島式ホーム1面2線を有する地上駅。直営駅であるが、早朝と深夜は駅員無配置となる。交互発着があるのは朝のみである。日中以降のほとんどの列車は北側(1番線)のホームに停車する。夜間滞泊が設定されている。開業当時からの駅舎で、マンサード屋根の洋風建築の建物になっている。ただし宿直室は和風の畳部屋、隣の台所は三和土の土間であり全体としては和洋折衷の建物になっている。そのため「織物の町桐生市内に開設当時から残る保存が望まれる駅舎で機織りが体験できる駅」という理由で、関東の駅百選の第2回選定対象となった。道を挟んで隣には桐生大学附属中学校・桐生第一高等学校の特別進学系の校舎がある。映画『人のセックスを笑うな』で、主人公みるめが初めてユリのアトリエを訪れる場面において下車駅になっている。映画『君に届け』では、駅舎前広場が使用された。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。