雲辺寺ロープウエイは、四国ケーブル運営の香川県観音寺市にある索道。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。


















瀬戸大橋を渡って高松道大野原ICから雲辺寺ロープウエイに来ました。観音寺市の雲辺寺山に架かるロープウエイですが、山頂は香川県と徳島県の県境でございますな。山頂駅はギリギリ香川県でございます。支柱鉄塔の間隔が日本一長い区間がございます。大き目のゴンドラで結構速い速度で運行しておりますな。平野部の麓から山麓駅までの道路も結構な隘路で時折通るダンプカーとのすれ違いに苦労するような場所でございますよ。お遍路さんの雲辺寺参拝に特化しているのかと思いきや、山頂にある公園に天空のブランコや天空のフォトフレームなんぞというモノが設置されて結構人気が出ているのだそうでございます。

当分の間、リアルタイムではございませんで、過去に訪れた際の写真を基にした記事が続きます。新型コロナ、緊急事態宣言が出されたことに伴い、不要不急の外出を避けるよう要請されている地域が増えましたのでワタクシも一人旅に関しては一時自粛させて頂きます。ライフワークでありますので忸怩たる思いがございますが昨今の状況を踏まえれば仕方ないことでございます。過去に撮り溜めていた画像がまだ多く手元にあるので、暫くはそれを使用して記事の更新は続けて参るつもりです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    雲辺寺ロープウェイ(うんぺんじロープウェイ)は、香川県観音寺市の雲辺寺山に架かる四国ケーブル運営のロープウェイである。1987年(昭和62年)3月28日 開業。山麓駅から山頂駅まで全長2,594m、高低差657mを毎秒10mのスピードで約7分間かけて運行されている。前方には瀬戸内海の燧灘と三豊平野を眼下に望み、遠くには瀬戸大橋や中国地方を眺望できる。山頂駅には四国八十八箇所の第66番札所雲辺寺があり、巡礼者の参拝で利用されている。隣接する雲辺寺山頂公園(四国ケーブル管理)には天空のブランコや天空のフォトフレームなどSNS映えするスポットが続々と誕生している。運行は年中無休。山麓駅には団体客用バスに対応できる広い駐車場や飲食店、土産販売店が整備されている。山麓駅付近の第二駐車場に2021年4月よりブルートレイン2両(オハネフ25 2209、206)が設置され、今後宿泊施設として活用される予定である。山頂駅は鉄道事業法および軌道法に基づく路線の駅において、香川県内では最南端の駅である。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。