国分駅は、香川県高松市国分寺町国分にある、JR四国予讃線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。












予讃線の国分駅でございます。相対式2面2線の無人駅でございます。ホームはカーブの中にございます。駅舎はコンクリート平屋建てで、ホーム間は跨線橋で連絡しております。高松市と坂出市の市境付近にございます。合併前は国分寺町で、大きめの国分寺町の案内看板が立てられております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    国分駅(こくぶえき)は、香川県高松市国分寺町国分にある、四国旅客鉄道(JR四国)予讃線の駅である。宇多津駅から分岐する本四備讃線へ直通する列車も早朝・夜間に限り停車し、この系統には「瀬戸大橋線」の愛称がつけられている。駅表示パネルのコメントは「サヌカイトと盆栽の駅」となっている。相対式ホーム2面2線をもつ地上駅。以前は高松方に歩行者専用の踏切(警報機・遮断機なし)があったが、ホームが寄せられたため撤去された。当駅の坂出寄りは大きくカーブしており、上り列車からの見通しは極めて悪い。実際、この踏切では1983年1月に小学生が上り急行列車にはねられ死亡する事故が発生している。かつては有人駅であったが、現在は駅本屋内と坂出方面のりばに近距離きっぷ用券売機が設置されているのみである。当駅から少し西へ行くと坂出市に入る。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ