久々のランチタイム@ザ・めしやっす。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




Screenshot
ザめしや
めしや食堂は、トレイを持って好きなものを取っていく「カフェテリア」方式のお店。食べたいものを楽しく選ぶうち、あなた好みのオリジナル献立が完成。ご飯物と汁物に3品のおかずを添えてバランスをとる「一汁三菜」の考え方を、現代の生活の中に活かした、新しいスタイルの食堂です。

昔風に言うと「一膳めしや」という表現になるのでございましょう、かつて頻繁に利用していたお店でランチでございます。休日に一人旅をする日常であったワタクシですが流石に現在は出来ませんので、今は勤務の仕方もリモートワーク中心で昼夜宅配利用するなんて状態が続いていたりするんですが、ランチくらいはできるだけこのようなお店で頂きたいものでございます。

当分の間、リアルタイムではございませんで、過去に訪れた際の写真を基にした記事が続きます。新型コロナ、緊急事態宣言が出されたことに伴い、不要不急の外出を避けるよう要請されている地域が増えましたのでワタクシも一人旅に関しては一時自粛させて頂きます。ライフワークでありますので忸怩たる思いがございますが昨今の状況を踏まえれば仕方ないことでございます。過去に撮り溜めていた画像がまだ多く手元にあるので、暫くはそれを使用して記事の更新は続けて参るつもりです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    大衆食堂(たいしゅうしょくどう)とは、飲食店のうち大衆向けに廉価で食事を提供する食堂を指す言葉である。煮魚、焼魚、とんかつ、から揚げ、野菜炒めなど和洋中華の一般的な料理に加え、単品としての焼きめし、カレーライス、オムライス、各種丼もの、ラーメン、うどん、蕎麦などの麺類も定番である。 定食を中心としたメニュー構成の店舗は、定食屋、定食店とも呼ばれる。また調理・盛りつけ済みの惣菜を一皿ごとに選んで取るセルフサービス形態の店舗は、最後にめしだけを注文することから一膳めし屋と呼ばれる。東京を中心とする東日本では定食のメニューを数多く揃えた定食屋形式が多く、大阪を中心とする西日本では小皿の惣菜を好みで組み合わせる一膳めし屋形式が多い。酒類としてはビール、日本酒、チューハイなどが置かれている事が多く、夜間には居酒屋として機能する店もある。大衆食堂の多くは、駅前や街道沿い、学生街、オフィス街、工場街等に立地し、外食、特に昼食で利用される。出前を行う店舗も多い。また、市場周辺や歓楽街(かつての花街を含む)では、労働者や朝帰りの客向けに朝食を中心にした営業を行なっている店もある。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。