小樽運河の端っこだけ覗いたのですw

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




散策路が整備されてから観光地へと変貌した、というのは旧手宮線跡と同じですな。古い倉庫群が情緒たっぷりで、特にライトアップされた夜景に映えるのでございますね、夜景がやけぃに綺麗ですってなもんや三度笠(←いくらなんでも古すぎるヤろw)。昼間ですからサラっと眺めてオシマイでございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    小樽運河(おたるうんが)は、北海道小樽市にある運河。1923年(大正12年)完成。日本国内唯一となる海岸の沖合い埋立て方式で造られており、緩やかに湾曲しているのが特徴になっている。全長1,140 mあり、幅は臨港線沿いは20 m、北部(通称:北運河)は当時のままの40 mになっている。1986年(昭和61年)に運河の一部を埋立てて幅の半分が道路となって散策路が整備されると小樽市の観光資源になり、周辺地区を含めて観光地へと変貌した。散策路には63基のガス灯が設置されている。運河沿いにある木骨石造倉庫群は当時の姿を残しており、夕暮れ時からライトアップしている。また、運河周辺では『小樽雪あかりの路』『おたる☆浅草橋オールディーズナイト』などのイベントを開催している。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ