熊野前駅は、荒川区にある、日暮里・舎人ライナー、都電荒川線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。






都電荒川線と日暮里・舎人ライナーの熊野前駅でございます。ここで都電荒川線とお別れして日暮里・舎人ライナーに乗り換え、舎人方面に向かいます。熊野前って熊野神社のことだとは容易に想像できますが、由来の神社が明治初期に廃社されていて地名だけ残っているってのは知りませんでした。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    熊野前駅(くまのまええき)は、東京都荒川区東尾久にある、東京都交通局 日暮里・舎人ライナー、都電荒川線の駅。「熊野前」の由来は、かつて東尾久地域に存在した「熊野神社」にちなむ。この神社は都電(当時は王子電気軌道)開通前の明治初期に廃社され、行政上の地名としては現存しないが、周辺商店街などに名を残している。日暮里・舎人ライナーの駅は島式ホーム1面2線を持つ高架駅である。尾久橋通りにある熊野前陸橋の東隣に位置する。足立小台方に非常用の渡り線がある。都電荒川線は相対式ホーム2面2線の地上駅である。プラットホームは上りと下りで離れていて、尾久橋通りを挟んだ反対側にある。下りホームは道路上にある。日暮里・舎人ライナーのホームには、エレベーターシャフトを取り囲むように都電荒川線の沿線風景が飾られている。唯一、都電と新交通システムが接続する駅でもある。なお、都電の歴史上からしても初であり、世界全体で見ても、路面電車と新交通システムの乗り換えが可能な駅は、当駅と広島のアストラムラインの本通駅と広島電鉄の本通停留場だけである。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ