西の屋菊ヶ峠店前に保存されている、同和鉱業片上鉄道キハ311。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




西の屋グループ菊ヶ峠店の前に置かれている同和鉱業片上鉄道キハ311でございます。吉ヶ原駅跡で片上鉄道保存会によって保存されているキハ312の兄弟でございますね。どのような経緯でここにあるのか、調べていないので知りませんが、西の屋グループの会長さんの趣味だというのがもっぱらの噂でございますw 知らんけど(←知らんのかいw)。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    片上鉄道(かたかみてつどう)は、かつて岡山県備前市の片上駅から久米郡柵原町(現美咲町)の柵原駅までを結んでいた同和鉱業(現:DOWAホールディングス)の鉄道路線である。1991年6月30日まで営業を行っていた。柵原鉱山で産出される硫化鉄鉱を吉井川の川舟(高瀬舟)に代わって片上港まで輸送する目的で建設され、1923年1月に片上 – 和気間が開業した。次いで8月に和気 – 備前矢田 – 井ノ口(貨)間が開業。1931年2月、井ノ口 – 柵原間が開業し(井ノ口駅は廃止)全線開通した。柵原鉱山からの鉱石輸送のほかに沿線住民の足として旅客営業も行われていた。尾小屋鉄道や三岐鉄道とともに、陸運統制令の枠外として他社への事業統合を免れ、青梅鉄道や群馬鉄山専用線などと違い国鉄買収の対象にもならなかった。鉱石輸送が主体であったため交換駅の有効長は長く、しかもPC枕木を使用するなど地方鉄道としては高い規格の線路を有していた。一方で、その高規格の線路の上を戦前生まれの旧型気動車が闊歩する姿はユニークでもあった。鉄道末期の時点でも車両や施設の保守がよく[* 1]、現在も整備・動態保存されているキハ303(旧番号キハ3003←国鉄キハ41071)は、現役最後の国鉄キハ41000形としてその名が知られ、唯一動態で保存されているキハ41000形であり、動態保存されている気動車としては日本最古である。また、キハ702(旧番号キハ07 5)は流線形の原型を保った貴重な国鉄キハ42000形である。原型を保ったキハ42000形は現在、全国的に見ても現存車両が2両しかなく、一部を改造(前照灯のシールドビーム化・液体変速機化)されてはいるが、原型で動態のものはキハ702のみであり、動態保存されている気動車の中では日本で2番目に古い。また、自社発注でキハ41000形に似た形態で張上げ屋根・正面2枚窓のキハ312も動態で保存されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ