大手町駅から伊予鉄道高浜線で、松山市駅に移動して来ました。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。




松山市の実質的な中心駅である松山市駅にやって参りました。通算三度目ですかね。前回は2020年9月でしたですね、約2年振りですか。いつもながら駅前は賑やかでございます、はい。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    松山市駅(まつやましえき、英語: Matsuyama City Station)は、愛媛県松山市湊町五丁目にある伊予鉄道の駅。当項目では隣接する伊予鉄道松山市内線の松山市駅停留場(まつやましえきていりゅうじよう)についても述べる。地元ではJR四国の松山駅と区別するため市駅(しえき)と略して呼ばれ、道路標識にもその表記がみられるなど、広く通用している。駅前広場には、道後温泉方面へ向かう同社の松山市内線(軌道)の松山市駅停留場、バスターミナル、タクシープールなどがある。また、県庁所在地の市で「○○市駅」と名乗っているのは当駅と和歌山県和歌山市にある南海電気鉄道とJR西日本の和歌山市駅のみである。松山市の実質的な中心駅であり、四国地方で最多の乗降人員を誇る。当駅の駅ビルに入居している四国最大の百貨店であるいよてつ高島屋を始めとして、周辺には繁華街やオフィス街が広がる。松山市駅停留場では、「坊っちゃん列車」を牽引する蒸気機関車を模したディーゼル機関車が渡り線上で方向転換する作業の様子が見られる。駅前のバスターミナルは、東京・京阪神からの高速バスなども発着する。三津駅・古町駅とともに、四国最初の鉄道駅の1つ。松山市に国鉄松山駅が開通する前からほぼ現在の場所にあり、開業当時は“松山駅”という駅名であったが、1927年に国鉄松山駅が開業することになった際に国鉄線の駅名を松山にするために、国鉄の駅から離れた当駅は松山駅から改称するよう圧力がかけられた。伊予鉄側は国鉄の駅名を「伊予松山駅」とすればよいと強く反発したが、国鉄は伊予鉄の運輸課長を東京の本省に呼び出して改称を迫り、国のすることには勝てないと松山駅を国鉄に譲って松山市駅に改称することになった。各路線の線路は東西に延びており、駅舎の南北に出入り口を設け、それぞれ北口、南口と称している。花園線のホームは北口前のロータリー内にある。また北口改札内には自動体外式除細動器が設置されている。市内電車は北側ホームで降車後、渡り線を使用して南側乗車ホームへ転線する。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ