桃鉄コラボ、MOMOデストロイ号でございます。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








岡山電気軌道の路面電車と桃太郎電鉄の期間限定のコラボレーション、リアルデストロイ号でございます。ド派手でございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    桃太郎電鉄シリーズ(ももたろうでんてつシリーズ)は、ハドソンの鉄道会社の運営をモチーフにしたボードゲーム形式のコンピュータゲーム・テレビゲームシリーズであり『桃太郎伝説』の派生シリーズである。2011年までにシリーズの累計出荷本数は1200万本を超えている。第1作目はファミリーコンピュータ用ソフトで、1988年12月2日にハドソンから発売。ゲーム監督はさくまあきら、イラスト・キャラクターデザインは土居孝幸。音楽はサザンオールスターズの関口和之が担当している。その後のシリーズ作品では関口の他にも『Fighting!』(「キャプテン翼J」主題歌)を手掛けた宮路一昭(『HAPPY』〜『G』)や『魔訶不思議アドベンチャー!』(「ドラゴンボール」主題歌)を手掛けた池毅などの作曲家も音楽スタッフとして参加している。株式会社ハドソンは2012年にコナミデジタルエンタテインメント(KDE-J)に吸収合併され、現在ではKDE-J、及びさくまがシリーズの著作権を保有している。様々なゲーム機向けに発売されたシリーズで、携帯電話用のアプリとしても配信されている。メディア誌などでは多くの場合「桃鉄」(ももてつ)と略して表記されているが、初期の作品の説明書[要出典]などや一部ユーザー間にて現在も「桃電」(ももでん)と呼ばれ、同中心開発スタッフの別シリーズであるRPG『桃太郎伝説』と混同されている場合がある。タイトルロゴの「桃太郎電鉄」の部分は基本的に江戸文字勘亭流で表記されているが、『2010』『タッグマッチ』『WORLD』および後述のボードゲームと一部の携帯向けタイトルは丸ゴシック体が採用されている。桃太郎電鉄はハドソン(→KDE-J)の登録商標となっている(登録数8件)。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ