伏石駅は、香川県高松市太田下町にある、高松琴平電気鉄道琴平線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








高松琴平電気鉄道琴平線の伏石駅でございます。相対式2面2線の高架駅でございます。2020年(令和2年)11月開業の新駅で、高松琴平電気鉄道で2つ目の高架駅でございます。国道11号高松東バイパスを跨いだ形でホームがある形でございます。南北に出入口がございます。両隣の駅までの間が複線区間となっております。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. Avatar photo
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    伏石駅(ふせいしえき)は、香川県高松市太田下町にある、高松琴平電気鉄道(ことでん)琴平線の駅である。高松琴平電気鉄道では2つ目の高架駅である。近隣のバス路線再編を含めた交通結節点としての駅設置が企図され、高松市総合都市交通計画推進協議会が事業主体となっている。駅舎整備の概算事業費は9.5億円である。当駅は太田下町に所在するが、既存の太田駅(太田上町所在)との混同を防ぐため、太田下町の東側に位置する伏石町から命名した。2021年11月には駅東側に駅前広場がグランドオープンし、ことでんバスのレインボー循環バス・伏石駅サンメッセ線と、高速バスの高徳エクスプレス(大川自動車・四国高速バス)が併設されたバスターミナルに乗り入れを開始した。2020年(令和2年)11月28日:開業。相対式ホーム2面2線を持つ高架駅。1階は中央南寄りを国道11号高松東バイパスで隔てられている。北側の駅舎に中央口と北口があり、待合室、飲み物の自動販売機、多目的トイレ、自動券売機、エレベーター、IruCa取り扱い窓口・IruCa定期券窓口が設置され、IruCaおよびIruCa定期券に関する手続きが行える。この窓口では改札業務を行わない。IruCa取り扱い窓口正面向かいと待合室に琴電で初めてとなる液晶式発車標が設置されている。南口側は自動券売機のみ設置される。2階は4両編成対応のホームと、ICカード専用簡易型自動改札機、エレベーター、LED発車標、安全確認・乗り遅れ防止を目的とする監視モニターが設置されている。ホームの設置位置は線路勾配の位置を勘案した結果、国道11号バイパス南端から北に道路を跨いで設置され、南北に出入口が設けられている。なお、当駅を含む区間は複線化事業もあわせて実施されている。新たに駅の北東側に整備される駅前広場は公共交通網(主に一般路線バス)の受け皿としても整備され、JR高松駅・ことでん高松築港駅など都心方面との循環バス運行も企図されている。なお、当地には2019年1月20日(返却最終日。閉店日は貸出・販売最終日の同年1月8日付)までゲオ高松東バイパス店があり、建物解体の後、埋蔵文化財調査に同年いっぱいかかったため、本体工事に入ったのは2020年に入ってからとなった。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ