新名神高速道路土山サービスエリアの、土山たぬき&一休みたぬき。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。







新名神高速道路土山サービスエリアのマスコットキャラクター、忍者タヌキの土山たぬき&一休みたぬきでございます。一体だけなのかと思ってたら意外にも色違いで二体存在したのでした。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. アバター画像
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    土山サービスエリア(つちやまサービスエリア)は、滋賀県甲賀市土山町南土山の新名神高速道路上にあるサービスエリアである。中日本高速道路(NEXCO中日本)管轄路線にあるサービスエリア・パーキングエリアは、基本的にNEXCO中日本グループのグループ会社である中日本エクシスが管理・運営しているが、当SAは甲賀市や近江鉄道(西武グループ)などが出資する第三セクターの土山ハイウェイサービス株式会社が管理・運営する。新名神高速道路亀山JCT-草津田上ICの開通に伴い、2008年2月23日に開業した。当SAは日本で2番目の規模になる予定であったが、国土開発幹線自動車道建設会議で新名神高速道路の建設コスト縮減が決定され当初の予定の半分の面積(上下線を併せた総面積は174,600m2)に縮小されている。もともと下り線専用スペースとなる場所に上下線の駐車場と施設が配置され、上り線専用駐車場になる予定であった用地はアスファルトプラントなどの工事用施設が撤去された後は空き地のままとなった。上下一体型の休憩施設であり、上下駐車場の間にトイレや営業施設が配置されている。高速道路本線の南側に位置する。下り線側のランプ部は一般的な上下線分離型のSA・PAとほぼ同一の構造であるが、上り線側本線流出ランプは本線から進行方向左側へ分岐したのち、本線と下り線流入ランプを跨道橋(土山ランプ橋)で越え、SA南側へ廻り込み東側から駐車場へ接続する。また、上り線の本線流入は駐車場西側から下り線流入ランプと本線をアンダーパスし上り本線に接続する。休憩施設の西側には氷雪施設が配置されている。一般道路側には施設利用者とパークアンドバスライド利用者のために来客用駐車場を完備しており、一般道路と施設間に連絡通路を設け歩行者と車椅子利用者の往来が可能となっている。国道1号の蟹が坂交差点には、当駐車場の案内看板が設置されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ