武庫川団地前駅は、兵庫県西宮市上田東町にある阪神電気鉄道武庫川線の駅である。

武庫川線の車両が新造車両(6月3日5500系電車が営業運転を開始)に置き換わったのでそれを見たくて足を運んだんですが、4種類ある編成のTORACO号に乗って武庫川からここまで来て、復路はTIGERS号に乗るっつうことになりましたよ。他に甲子園号とかもあるんですが本日はそちらは運行していない日でございますね。2種類乗れるとは予想してなかったのでラッキーでした。そうそう、残る1種類はラッキー号でしたねw




  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. DoraNeko
    by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    武庫川線(むこがわせん)は、兵庫県西宮市の武庫川駅から武庫川団地前駅までを結ぶ阪神電気鉄道の鉄道路線である。全線単線だが、武庫川駅 – 洲先駅間は、複線分の用地が確保されている。武庫川西岸の築堤沿いに走る、西宮市南東にある武庫川団地の通勤・通学路線である。キロポストは武庫川団地前駅から武庫川駅に向かって純粋に数字が増えていく。洲先駅と東鳴尾駅間にある東鳴尾踏切北側に2キロポスト、武庫川駅の高架下に3キロポストがある。これは今津出屋敷線の前大浜への延伸計画があったときに前大浜を0キロポストとする予定だったため。以前は洲先駅付近に建設途中の今津出屋敷線の橋脚が長期放置されたが、現在は撤去されている。東鳴尾駅 – 洲先駅間の駅間距離(営業キロ)は0.4 kmで、これは阪神電鉄全線で最短である。線内折り返し列車がワンマン運転で運行されている。全列車が2両編成で、朝夕は2編成が運用に入り、東鳴尾駅で交換を行う。早朝・日中と深夜近くから終電までの間は1編成のみの運用である。全列車が普通列車であり、武庫川駅 – 武庫川団地前駅間の運転である。昼間は20分間隔、平日朝は12分間隔、土休日朝と夕方は10分間隔、早朝・夜間は12 – 15分間隔での運転である。現在は武庫川団地となっている西宮市高須町にあった軍需工場、川西航空機(現・新明和工業)鳴尾製作所への従業員および資材輸送のために建設され、1943年(昭和18年)11月21日に武庫川 – 洲先間、1944年(昭和19年)8月17日に武庫大橋 – 武庫川間が開業した。軍の要請での路線建設であったため、阪神の一般社員や学生の勤労奉仕隊なども動員した突貫工事が行われた。用地は全線複線分を確保していたが単線で建設され、武庫大橋、武庫川、東鳴尾の各駅で上下列車が交換できるようになっていた。開業当時の洲先駅は現在の武庫川団地前駅付近にあたる。開業後1年経たないうちに川西航空機の工場とともに空襲の被害を受け、期待された目的を十分に果たせないまま終戦を迎えている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)