てだこ浦西駅は、沖縄県浦添市前田三丁目にある、沖縄都市モノレール線の駅。











てだこ、というのは「太陽の子」という意味の方言で、この駅が出来る時に公募で決定したものなのだそうですな。今のところ、ゆいレールの終着駅でございます。駅前も再開発で整備されて綺麗になっているものの、まだまだこれからっつう雰囲気丸出しですな~。中心部に近い駅と同様、この辺りもこれからどんどんと拓けてくるんでしようねえ多分。ここだけが唯一改札口が地上にある駅なんだそうです。

JealousGuy@DoraNekoWeb - にほんブログ村

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    てだこ浦西駅(てだこうらにしえき)は、沖縄県浦添市前田三丁目にある、沖縄都市モノレール線(ゆいレール)の駅である。駅名は他の3駅と共に、公募で決定した。駅名の「てだこ」は沖縄の方言で「太陽の子」という意味で、現在の浦添で生まれたとされる琉球王国の英祖王の神号「英祖日子(えそのてだこ)」にも関連する言葉である。駅名決定前は浦西駅(うらにしえき)という仮称が付けられていた。沖縄県では最東端の駅である。島式ホーム1面2線を有する高架駅である。現在開業しているゆいレールの駅で唯一改札口が地平部にある。エスカレータ・エレベーター設置。平日朝・日中は便により1・2番線を使い分け、平日早朝夜間・土休日は2番線のみを使用する。駅前には1000台規模の駐車場を設置しており、パークアンドライドが可能。浦添市と西原町の境に近く、両市町からの利用が可能である。駅前広場にバス乗り場は整備されているが、路線バスは乗り入れていない。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)