武豊駅は、愛知県知多郡武豊町字金下にある、JR東海武豊線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








有名な騎手の方と同じ名前なので有名ですが、元々当たり前ですが駅名の方が先にあるわけで。この路線の割にはこの駅の規模が大きいな~とか思ったら、貨物主体の路線であった名残ですか。線路が続いていたのであろうそれらしき空間が散見されましたが、確証はございませんことを隠しようもございません。なんのこっちゃ、でございます。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    武豊駅(たけとよえき)は、愛知県知多郡武豊町字金下(かなげ)にある、東海旅客鉄道(JR東海)武豊線の駅である。東海道本線の大府駅から南方へ伸びる武豊線の終着駅である。武豊町内ではJR線唯一の駅である。開業は1886年(明治19年)で、愛知県下で最も古い駅の一つ。名古屋市の熱田駅へと伸びる、県内最初の鉄道の起点であった。当初は現在よりも南方の臨海部にあったが、開業6年後の1892年(明治25年)に現在地に移転した。移転前の旧駅はその後貨物駅の武豊港駅として開業したが、1965年(昭和40年)に廃止されている。武豊線は関東地方と近畿地方を結ぶ幹線鉄道への資材運搬線として建設された経緯があるが、当初その起点である武豊駅付近には長さ約140 m・幅約5.5 mの木製桟橋が建設され、資材の陸揚げ基地とされていた。開業当初は武豊港に面した武豊町字里中にあったが、その後現在地に移転している。旧駅の跡地にあたる国道247号の里中交差点には「武豊停車場跡地」の記念碑が建つ。1886年(明治19年)の開業時から貨物の取り扱いが行われていたが、国鉄時代の1984年(昭和59年)1月10日に廃止された。1974年(昭和49年)の制度改正以降ここでは車扱貨物のみを取り扱っていたが、1975年(昭和50年)11月15日に専用線発着のみを取り扱うように縮小されていた。なお、武豊線の他の駅では同日付で貨物営業を廃止しているので、武豊駅は武豊線内で最後まで貨物を取り扱う駅となっていた。武豊駅に接続する専用線は、1970年(昭和45年)の専用線一覧表によれば、駅の南方に工場を置く豊醤油(現・ユタカフーズ)専用線、町内に工場を持つ日本油脂(元・帝国火薬工業、現・日油)専用鉄道、同じく町内に工場を持つ中山製鋼所専用鉄道および専用線(ただし使用休止中)があった。単式ホーム1面1線の地上駅。ホームに面する線路は1本しかないが、1番線の番号が振られている。ホームに接さない留置線も2本あるが、架線は東側(駅舎寄り)の線路のみに張られている。現在は3本のいずれもが構内南方(南知多寄り)の車止めで行き止まりとなっているが、以前はすべての留置線が分岐器で1番線とつながっており機回しが可能であった。この線路の短縮に伴い、駅南方にあった主要地方道武豊小鈴谷線との踏切も廃止されている。駅舎は構内東側、ホームに接して設置されている。電化に際して、駅舎と反対の構内西側に変電所が設置された。夜間留置が設定されている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキングに参加中です。左にある「にほんブログ村」の赤いバナーをポチっとしていただけると、私が喜びます。