内海駅は、愛知県知多郡南知多町内海にある名古屋鉄道知多新線の駅。

記事中の画像は、クリックすると拡大して、スライドショーでご覧いただけちゃいます。








高架が終端部でブチっと切れる格好の駅ですが、筑豊直方駅とかに似てますな。単線区間に2面4線は明らかにオーバースペックですが、河和駅といい、この駅といい、名鉄は多いですなぁこういうの。隣に出来るはずだった小野浦駅はほぼ出来上がった状態で中止されてその後放置状態なので廃墟みたいだっつうことで有名になっておりますな。行って見ようかと思いましたが、ケツカッチンなので止めておきましたのです。

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by DoraNeko

    Wikipediaから引用
    内海駅(うつみえき)は、愛知県知多郡南知多町内海にある名古屋鉄道知多新線の駅で、同線の終着駅である。南知多町にある唯一の鉄道駅で、名古屋鉄道では最南端の駅である。計画時は現在地より海寄りに建設される予定であったが、用地買収に難航したため、丘陵地寄りの現在地への設置となった。島式ホーム2面4線の高架駅である。2020年5月25日から当面の間、終日無人化されている。無人化される前の窓口の営業時間は6:00 – 20:00だった。(但し日中でも不在時間帯があった。インターフォンは知多半田駅に繋がっている)高架駅であるが、改札口とホームを結ぶエレベーターはない。2007年、自動改札機(2通路、窓口寄りは広幅タイプ)、自動精算機、LED発車案内電光掲示板(改札前のものは3段表示、ホームのものは簡易表示)の利用や、ホームの案内放送が開始された。なお、1・2番線は日中は使用されず、当該時間帯は階段の入り口にはロープが張られて封鎖されている。自動券売機はタッチパネル式とボタン式の2台あるが、タッチパネル式ではmanacaの使用はできない。manacaへのチャージは改札内のチャージ機で行う必要がある。トイレは改札外で、駅高架下には海水浴客向けの休憩室と商店が何軒かある。なお、当初計画では、小野浦駅が隣駅として開設される予定であったが中止となっている。

よろしければcommentをお願いします

*
*
* (公開されません)

鉄軌道リスト

JRグループ各社
大手私鉄・準大手私鉄
中小私鉄・公営鉄道・第三セクター
ケーブルカー・ロープウエイ